“アニメの世界観をポールダンスで表現!”というコンセプトの元、ほぼ毎月イベントを行なっている「アニポール」。今回、5月31日に開催された「アニポール」のイベントに取材してきましたよ。
場所は東京・秋葉原にある「AKIHABARA SIXTEEN(2F)」。位置的には、秋葉原のまんだらけビルの並び。

〒101-0021
東京都千代田区外神田3-11-3
http://www.six-teen.jp/

さっそくイベント会場のビル2階に上がると、そこはちょっと不思議な店内。文化祭のお店のような感じが懐かしい。

i1_51cc3d8701c9f


カウンターでパフェ的なものを注文して着席。イベント開始時間になったので待つ…こと10分。



んががっ! 始まらない!



いや、正確にはスタッフとお客さんとの交流がずっと行われている。どうやらこれもイベントの一貫らしい。なんて斬新!

そしてついにイベント開始。最初に登場するのは“妖精1号2号”なる女の子二人組のユニット。こちらのユニット、イベントを主催するBMAがプロデュースするサイリウムを駆使したダンスパフォーマンスにお客さんが大いに盛り上がる。この一体感スゲー。

i1_51cc3d988b105


i1_51cc3dab335a0


続いて真打ち「アニポール」が登場。アニポールは、きょうこさん(赤)、ゆみこさん(青)、ゆなさん(黄)の3人によるユニット。ちなみにゆなさんは男の娘です。



“好きなアニメの世界をポールダンスで踊っちゃいます♪”というコンセプトのメンバーが着ている衣装は人気アニメ『ビビッドレッド・オペレーション』。なるほどなるほど。
「すいません! ちょっと時間がなくて衣装まだ未完成です! 次回は完全版でお見せしますので」と、きょうこさんから一言。おお、けっこうよくできてるのにまだ未完成なんだ。でも次回が楽しみ。

i1_51cc3d8dd4341


そしてついにポールダンススタート! 流れる楽曲はもちろん『ビビッドレッド・オペレーション』の主題歌「ENERGY」。曲に合わせて、ポールに飛びついたり回ったり、はたまたポールを掴んだまま姿勢を維持したり…。これ全身がバネのような柔らかさと、鋼鉄(と言っていいのか?)のような硬さがないと成り立たない。かなりの筋力がないとできないよ! ポールダンスを始めて間近で見たけれど、これはすごい! 

i1_51cc3db0b4ca2


ダンスの合間の休憩では、お客さんがメンバーと会話をしたり、ポールダンスに挑戦できたりとかなりアットホームな雰囲気。

イベント終了後、リーダー・きょうこさんにポールダンスについてお話を伺ったところ「魔法モノや戦闘モノなど空を飛ぶシーンがアニメには多く、ポールダンスでそれらの世界感を表現したかった」とのこと。おお、確かに!

「アニポール」次回の開催は6月28日(金)…。ん?







今日だよ!






時間は20時頃を予定(多分時間通りには始まらないかと)。アクロバティックなダンスは必見。ぜひ一度見ることをおすすめです! 場所は下記ですよ。

i1_51cc3db884044


〒101-0021
東京都千代田区外神田3-11-3
AKIHABARA SIXTEEN(2F)
http://www.six-teen.jp/