kyoto1


まとめると
・『京騒戯画』が2013年10月よりテレビ放送開始
・「京都国際マンガ・アニメフェア2013」でイベントが開催された
・放送話中の5.5話の内容が、声優出演の実写番組になることが明かされた




kyoto2

2011年、配信用のアニメとしてスタートし、2013年10月よりテレビ放送が決定した『京騒戯画』。

9月8日に京都市勧業館(みやこめっせ)で行われた「京都国際マンガ・アニメフェア2013」(京まふ
2013)ステージイベントにて、釘宮理恵さん、鈴村健一さん、白石涼子さん 斎藤千和さん、矢尾一樹さん、たむらぱんさん、東映アニメーション関プロデューサーが登壇した「京騒戯画 新作発表記念イベント」が行われました。

ステージでは配信作品のときより継続してキャスティングされている声優陣が、先ごろ発表されたポスタービジュアルがバックプリントされたTシャツを揃って着用して登場し、改めてTVシリーズ化決定に喜びの声をあげました。

京都のような“鏡都”を舞台にした作品の魅力についての本作の概要が語られた後、9月1日に東京でおこなわれたキャラホビのステージでは“スペシャルなエピソード”とのみ告知されていた、放送話中の5.5話の内容がプロデューサーの関より発表されました。TVアニメシリーズではあまり前例のない実写番組“京都実録編”なるタイトルで、物語の背景となる京都の各スポットを声優陣が訪れる、アニメファンの間ではおなじみの“聖地巡礼”をスペシャル回として放送するという前代未聞の試みという内容で、ロケに参加した白石さん、矢尾さんらの訪れた寺がアニメのままだったという発言が、他の声優陣を羨ましがらせるという一幕もありました。

また、第1話・第1章の先行上映に引き続き、主題歌「ココ」を歌う、たむらぱんさんから監督とのやりとりから生まれた楽曲のエピソードや、すでに京都でのライブが決定しているという作品との“縁”を感じさせるエピソードも披露されました。

『京騒戯画』はTOKYOMXで10月2日(水)25:30より毎週水曜日放送、BS朝日で10月4日(金)25:30より毎週金曜日放送。

kyoto_key

『京騒戯画』公式サイト
(C)東映アニメーション/京騒戯画プロジェクト




ココ(通常盤)
たむらぱん
日本コロムビア
2013-10-23