607-_MG_1980


この記事の内容は
●3月22日(土)に行われた声旬ブースでのイベントを紹介!
●この記事は『コスプレサイト「Cure」管理人・乾たつみのコスプレ古今東西』ステージの模様をレポート
●キーワードは『コスプレの歴史』

3月22日はAnimeJapan2014の初日。各メーカーやアニメ作品のステージが数々開かれている中「声旬!」ブースでもほぼ毎時間、トークイベントを開催していたので、そちらのようすをキーワードを付けてババーンと紹介していきましょう。

◆14:30~15:00◆
【コスプレサイト「Cure」管理人・乾たつみのコスプレ古今東西】

キーワード:『コスプレの歴史』

673-_MG_3071
「Cure」の管理人で乾たつみさんと、カリスマレイヤーのことりさんを招いてのイベント『コスプレサイト「Cure」管理人・乾たつみのコスプレ古今東西』は、コスプレの歴史が分かる30分。

まず一番印象に残ったトークで個人的に興味深かったのが「日本産のキャラクターをモチーフにしたコスプレの第一号は?」という話。こちらは1971年の神奈川県箱根町にある芦ノ湖で開催された「日本SF大会」の仮装パーティに参加した『海のトリトン』だったもよう。しかしその信憑性は薄く、あくまでも「第一号か?」程度なのだという。

623-_MG_3036


世界的な「コスプレ」の起源はというと、こちらはアメリカで開催されていたSF大会「ワールドコン」で、スタートレックやスターウォーズ、アメコミヒーローのコスプレコンテスト『マスカレード』だったそうで、当時はコスプレのことを「マスカレード」と呼んでいたとか。

他にも初心者がコスプレをはじめるためのレクチャーや、コスプレの分類など、トークステージはコスプレに関する知識が深まる内容で、会場にいたレイヤーさんたちも聞き耳をたててステージを見守っていたのが印象的だったぞ。

そんな乾さんが管理人を務めるサイト「Cure」や、世界のコスプレイヤーさんたちの画像が見られる「ワールドコスプレ」では、たくさんのコスプレ写真が見られるので、興味がある人はチェックしてみてはいかが?

623-_MG_3036627-_MG_1985660-_MG_1990


『コスプレCure』ホームページ/http://ja.curecos.com/

サイト『World Cospley(ワールドコスプレ)』/http://worldcosplay.net/