はるか編集長の話を聞く様子


 “ネット業界のネット媒体によるネット民のためのネットニュース”を旗印に、KoePota、Gamer、東スポweb、そして声旬!のweb4媒体が集ったイベント「ネット業界のネット媒体によるネット民のためのネットニュースナイト(略してロクエヌ) ~今回はブランチ開催で佳村はるか編集長登場~」(以下「ロクエヌ」)が5月5日、東京はお台場にある「TOKYO CULTURE CULTURE」(以下:カルカル)にて産声を上げた!

 このイベントは先述4媒体が、人気のニュースなどを持ち寄って紹介していくという内容。イベントタイトルの「ロクエヌ」は架空のネット媒体ということで、その媒体編集長には、声優で現在『悪魔のリドル』の神長香子や、『アイドルマスター シンデレラガールズ』で城ヶ崎美嘉役を演じている佳村はるかさん。もちろんイベントではwebに載せられない程のキワドイ話も出てきて……!?

 そんなイベントの内容を「ロクエヌ」らしく、4媒体に分けて紹介していくぞ。

 この日、カルカルの真下にあるライブハウス「Zepp Tokyo」では、男性アイドルのライブがあった模様で、階下を見れば女性ばかり。しかし、2階にある本会場は男の子率が9割以上! 定員120名の中で女子はほんのひと握りだったのだが、まずはイベントの内容に触れる前にこの女子たちにまず拍手を贈りたい。来場ありがとう! そしてイベントを盛り上げてくれた9割以上の男の子たちも、本当にありがとう!!

 さてこの「ロクエヌ」は飲食をしながらイベント観覧ができるところも売りのひとつで、開演前からドリンクやフードを頼んで盛り上がるテーブルもチラホラ。登壇者のひとり橙灯が壇上で「これじゃまるで本人(佳村はるかさん)がいるオフ会じゃないか!」と表すほどのアットホーム感溢れる雰囲気で、みんながイベントの開始を待ちわびていた。

はるか編集長のトーク

イベントイメージ

 そうそう! まずはそんなイベントの登壇者を紹介しなくてはならない。もちろん「ロクエヌ」の編集長にして、今回様々な特派員からのニュースを選別してくれるボスが佳村はるかさん! 壇上の4人だけでなく、会場につめかけたファンも彼女の発言には逆らえないのである。なにせ、彼女が気になったニュースしか取り上げないのだから……! そんなはるか編集長は、黒のスーツにメガネ姿という自称“デキ女”スタイルで登場。この完璧な着こなしには、会場からは「ふつくしい……」という感嘆の声とともに、むしろ叱られてみた……ゲフン。叱られてはいけないという緊張感が張りつめた(?)

はるか編集長の名刺交換1

 そしてKoePotaからはしみさん、GamerからはTOKENさん、東スポwebからは徳ちゃん、声旬!からは橙灯さんが登壇(※お気づきだとは思いますが出演者ネームです)。これに編集長の佳村はるかさんを含めた5人でイベントは開催されるのだが……。びっくりすることに、導入の説明だけで最初のレポート記事は終了だ。詳しいイベントの模様は次ページにて紹介していくぞ!

記事の続きは「Koepota」さんです!→「第1回 ロクエヌ」イベントレポート2/4 KoePota 【ロクエヌ】会場からのツッコミも笑いに変えていくイベント「ロクエヌ」【レポート】


【記事リンク】
「第1回 ロクエヌ」イベントレポート1/4 声旬! 【ロクエヌ】「~今回はブランチ開催で佳村はるか編集長登場~」のイベントレポートは4媒体読んで完成ですよ!【レポート】
「第1回 ロクエヌ」イベントレポート2/4 KoePota 【ロクエヌ】会場からのツッコミも笑いに変えていくイベント「ロクエヌ」【レポート】
「第1回 ロクエヌ」イベントレポート3/4 東スポweb 【ロクエヌ】東スポweb、田村ゆかりさん実年齢公表問題について遂に語る!【レポート】
「第1回 ロクエヌ」イベントレポート4/4 Gamer 【ロクエヌ】ガラケーオンリーの佳村編集長、yahooメールに対して物申す!【レポート】