keyvisual


まとめると~
●TVアニメ『すべてがFになるTHE PERFECT INSIDER』が10月8日(木)より放送開始
●枠はフジテレビ"ノイタミナ"ほかとなる
●加瀬康之、種﨑敦美、木戸衣吹のコメントが公開!

<犀川創平役・加瀬康之>
saikawa加瀬康之
――「理系ミステリィ」の名作と呼ばれる原作小説を読まれての感想を教えてください。

 僕は自分のことをずっと理系脳かなと思っていたのですが、この原作小説を読んでいたら、あまりにも凄すぎて自分は理系でもなんでもないなって感じました(笑)。僕みたいな凡人からすると、すべてを数式に置き換えて考えるような、ちょっと常軌を逸していると感じるようなところもあり、これをどう表現していけば良いのだろうと悩みました。

――アフレコをしてみた際の感想はいかがでしょうか。

 普段会話の中で使わないような単語の羅列が出てくるので、これをどう犀川として表現しようか探りながらですが、挑戦していこうと思っています。普段の僕だったら「まったく暑い」なんて言わないですからね(笑)。犀川は「暑い」をこう表現するのかと驚きながら演じています。

――ご自身で演じられるキャラクターの分析結果を教えてください。

 僕は何にでも興味を持つタイプなので、犀川の、興味が無いものに対して徹底的に興味を示さないという感情が分からなくて。興味が無いように喋ろうとすると、ただ単に暗い感じに聞こえたり、淡々とした感じに聞こえてしまうので、それをどう演じるべきか葛藤しています。今のところ、犀川が話している時の8割は淡々としている感じなのですが、今後、犀川の興味が沸くことが出てきたら、とてつもなく内容のわからない恐ろしいセリフを言い始めるのではないかとドキドキしているのです……が、頑張ります!

――監督や音響監督から役に対してどんなディレクションがありましたか?

 監督からは特に何も言われないので、逆にもっと何か頼んで欲しいぐらいなのですが、ただ一言、「犀川は良い男です」と言われました……。セリフ劇要素の多い作品なので僕なりの犀川を演じたい。

――演じる上で心がけていること、苦労している点はありますか。

 犀川は難しい単語やセリフを言うので、「書いてあることを言っている」とか「セリフを言わされている感じ」に聞こえないよう気をつけています。そこに「きちんと存在している言葉」として伝わるように意識しています。また、今後はもっと複雑な会話を重ねていくことになると思うので、研究所という閉鎖空間の中で犀川と萌絵がどのように絡んでいき、事件と向き合っていくのか、難しい内容の部分でも観ている方に内容がスっと入っていくようなセリフ回しを心がけていきたいなと思っています。

――放送を楽しみにしている皆様へメッセージをお願いいたします。

 ミステリィ作品の中でも一つの事件を全11話に渡って描いていく作品は他にないでしょうし、初回を観たら最後まで観ないと事件がどうなるかわからない面白さがあると思います。演じている僕たちも視聴者の皆さんと一緒にミステリィを解決していくような気持ちでおりますので、この作品の独特の世界感にはまっていただきたいです。ぜひ放送を楽しみにしてください。


<西之園萌絵役・種﨑敦美>
moe種﨑敦美
――「理系ミステリィ」の名作と呼ばれる原作小説を読まれての感想を教えてください。

 普段あまりミステリィ作品を読むことはないのですが、オーディションの前に原作の小説を読ませていただきました。「理系ミステリィ」ということで書いてあることが難しく思うところもあったのですが、読み進めるうちに気にならなくなって、最終的には理系ミステリィ作品という意識では読んでいなかったなと思います。天才による考えもつかないような会話のやりとりが魅力的で惹きつけられ、一気に読んでしまいました。

――アフレコをしてみた際の感想はいかがでしょうか。

 アフレコの時にアニメーションの一部を拝見させていただいたのですが、まず最初に、こうやって見せるんだ! と。ずっと飽きずに見ていられる、惹きつけられるなと。確かに最初は難しそうに思うかもしれないのですが、それを一切感じさせない見せ方、つくり方だなと思いました。

――ご自身で演じられるキャラクターの分析結果を教えてください。

 萌絵のキャラクター紹介に「思考が飛躍する」とあります。原作の小説を読んでいるときはあまりその印象を受けなかったのですが、アフレコに入る前に神戸監督がそれぞれのキャラクターの「ものの考え方」についてお話をしてくださることがあって、その時に萌絵は「パッと浮かんできた色々な考えの中から一番良いものを選びとって話すタイプ」というようなことをおっしゃっていて。いざ演じてみると確かにそういうタイプの子なんだなと思いました。それから、とてつもないお嬢様ということもあり、四季とは違う方向に浮世離れしている印象がありますね。

――監督や音響監督から役に対してどんなディレクションがありましたか?

 オーディションの時に「品良く爽やかに」と言われたので、アフレコが始まってからもこれを意識して演じています。ただ、感情的になっているところで品良く演じようとすると萌絵の明るい感じが無くなってしまうので、なるべくシーンに添って感じたままに演じてみようと思っています。

――演じる上で心がけていること、苦労している点はありますか。

 萌絵は頭が良く行動力のある子なので、行動や言葉のまま演じてしまうとお嬢様の雰囲気がなくなってしまうので、「品良く」というのは忘れないように心がけています。ですが、犀川先生に対してはそれも忘れるぐらいで良いのかなと。「会話している相手が誰か」を今までで一番意識している気がします。

――放送を楽しみにしている皆様へメッセージをお願いいたします。

 一見すると難しそうなお話なのですが、観やすいよう、スッと入りやすいよう工夫された作品になっています。原作を読まれた方にも、アニメで初めてこの作品に触れる方にもきっと楽しんでいただけると思いますのでぜひ期待していてください!


<真賀田四季役:木戸衣吹)>
siki木戸衣吹
――「理系ミステリィ」の名作と呼ばれる原作小説を読まれての感想を教えてください。

 最初は普段見聞きしない言葉に戸惑ったところもあったのですが、すらすら読めて楽しませていただきました。

――アフレコをしてみた際の感想はいかがでしょうか。

 はじめは、四季というキャラクターは人間味がなくて無機質な女性かなと思っていたのですが、もう一つの原作小説である四季シリーズをじっくり読んだときに、四季も普通の少女だったんだなと感じました。アフレコに望む時は、どうやって天才っぽく話せるようにしようかと、喋り方とか息継ぎとか思考錯誤しながら演じています。
キャラクター原案の浅野いにおさんが描いた四季を初めて見たときに、アニメ過ぎない独特な感じのイラストが印象的だったので、あまり作り過ぎない自然な声で演じるように心がけています。

――ご自身で演じられるキャラクターの分析結果を教えてください。

 「人類のうちでもっとも神に近い天才」と呼ばれていて、普通の人とは思考回路とか、解釈がまったく違うと思うので、どう演じようか悩んだのですが、四季になりきる事や、考えを完全に理解することは無理だなと感じました。でもそれでもとにかくやりきるしかない! と思って、全力で演じていきたいと思います。

――監督や音響監督から役に対してどんなディレクションがありましたか?

 監督からは、四季は全ての人間を見下すような感じで淡々と喋って欲しいという指示がありました。でも、淡々とした中にも心の中に情熱を持っているキャラクターなので、無機質過ぎる感じにはならないように演じたいですね。

――演じる上で心がけていること、苦労している点はありますか。

 四季の相手のことを見透かしたような、底の見えないミステリアスな部分を上手く表現したいです。ただし、ロボットみたいな感じにはしたくないので、四季の人間らしさも同時に表現できたらなと。

――放送を楽しみにしている皆様へメッセージをお願いいたします。

 アニメを普段見ないような人にも入りやすい作品です。色々な謎が張り巡らされていますので、ぜひ皆さんも私たちと一緒にミステリィを解いていただきたいなと思います。また、皆さんの目を奪えるような四季を演じられるように頑張ります。ぜひご覧下さい。


TVアニメ『すべてがFになる』
2015年10月8日よりフジテレビ「ノイタミナ」にて毎週木曜24:55~放送開始ほか各局でも放送開始
シリーズ累計発行部数390万部 理系ミステリィの名作が初のアニメ化!

<スタッフ>
原作: 森博嗣『すべてがFになる』、『四季(全4冊)』(講談社文庫刊)
監督:神戸守
シリーズ構成・脚本:大野敏哉
脚本:渡辺雄介、雨宮まみ
キャラクター原案:浅野いにお
キャラクターデザイン:奥田佳子
色彩設計:ホカリカナコ
美術監督:甲斐政俊
3D監督:福田陽
撮影監督: 荻原健
音楽:川井憲次
音響監督 :清水勝則
プロップデザイン:宮川治雄
研究所デザイン:長澤真
編集:瀬山武司
制作:A-1 Pictures

<キャスト>
犀川創平/加瀬康之、西之園萌絵/種﨑敦美、真賀田四季/木戸衣吹 ほか

<オープニング・テーマソング>
「talking」(アーティスト:KANA-BOON)
<エンディング・テーマソング>
「ナナヒツジ」(アーティスト:シナリオアート)


公式サイト><公式Twitter
(C) 森博嗣・講談社/「すべてがFになる」製作委員会 

…木戸さんいいですね!