魔法司書室ラジオ


 今回紹介する作品は、クロサキリク先生の『白いしっぽと私の日常』です。最後までお楽しみください。



【『角掛みなみのビブリオンの魔法使い』とは?】
番組MC・角掛みなみによる「ネット小説大賞」公式ラジオ番組。書き下ろしミニドラマと「ネット小説大賞」受賞作の読み聞かせ朗読からなるミニ番組となっている。

【配信期間】
2016年9月2日(金)21時00分~9月15日(木)23時59分

☆お知らせ☆
『白いしっぽと私の日常』/クロサキリク
●作品あらすじ
見えるから、愛しい。見えないから、愛おしい――。

犬神筋の家に生まれながらも霊力の低い私の側には、白い犬神の『雪尾』がいる。
白いしっぽだけしか見えない、私の犬神だ。

ある日、雪尾の姿を見ることができる青年と出会い……。
見えない私と見える彼、そして、白いしっぽ。

二人と一匹の、少し不思議な日常を描いたショートストーリー集。

ぽにきゃんBOOKSより書籍化決定!
http://ncode.syosetu.com/n1608cl/

ネット小説大賞では各出版社様が選んだ決め手などを掲載しております。
作品に対する応援コメントなども募集しておりますので、
是非ネット小説大賞もご覧ください。


【パーソナリティー】
tunokakeminami
角掛みなみ(つのかけ みなみ)
10月4日生まれ。東京都出身。
ラジオ「丁晨・角掛みなみのゆるドラ」
アプリ「ウチの姫さまがいちばんカワイイ」合金姫ベイティ・ゴールド
ドラマCD「篠崎さん気をオタしかに!」プリピュアグリーン
など

『ビブリオンの魔法使い』世界観

魔法の司書室ビブリオンに住まう司書アリアドネ。

彼女は無限に広がる次元書庫の管理人兼、希望の本の棚へ誘う案内人である。

迷宮と化した次元書庫に、意思を持って動く本棚。

次元書庫に住まうという魔物……数多の冒険者が挑み散って行った、この次元書庫の道を唯一正しく把握する彼女は、いったいどんな名作に巡り合わせてくれるのだろうか?


▼ネット小説大賞▼
http://www.cg-con.com/novel/

▼ネット小説大賞Presents『角掛みなみのビブリオンの魔法使い』特設サイト▼
http://www.cg-con.com/novel/biblion/

▼小説投稿サイト「小説家になろう」▼
http://syosetu.com/

▼小説家になろう公式チャンネル▼
http://ch.nicovideo.jp/s-narou