クリープハイプ最新アーティスト写真
クリープハイプ


まとめると~
●『亜人 -衝戟-』のSPイベントが9月19日に開催された
●宮野真守、福山潤らが出演した
●10月放送開始のTV第2クールの主題歌がクリープハイプに決定

9月19日(月・祝)に東京国際フォーラムにて、亜人スペシャルイベントが実施された。イベントには主人公・永井圭役の宮野真守、中野攻役の福山潤、戸崎優役の櫻井孝宏、オグラ・イクヤ役の木下浩之、永井慧理子役の洲崎綾、そして第1部「亜人 -衝動-」のオープニング・テーマを担当したflumpoolが登壇。超豪華なゲスト陣を前に、満員の観客席からは非常に大きな歓声が湧き上がった。

イベントはflumpoolによるスペシャルライブから始まり、クイズ、朗読劇などがあり、最後は宮野真守によるTVシリーズ第1クールエンディングテーマ曲のライブがあり、終始盛り上がり続けたイベントとなった。

_DSC3595_DSC3597_DSC4476_DSC3557_DSC3561

<キャストコメント>
宮野真守
この『亜人』という作品は本当に素晴らしくて、役を通して、色々な感情を抱き、色々な経験をさせて頂きました。そして、その全てを今回の主題歌に込めています。
みんなが一丸となって全力で作った作品です。まだまだ盛り上がっていきますので、応援宜しくお願い致します。

櫻井孝宏
『亜人』はシビアな物語で、息苦しいところもある作品ですが、その裏にすごく魅力的な物を持っている作品で、今回のイベントでも楽しんで頂けたかなと思います。
今度の初日舞台挨拶には大塚芳忠さんが登壇されるとのことで、いつかこの『亜人』のメンバー全員が揃うイベントが出来たら嬉しいです。

福山潤
今週公開の最終章『亜人 -衝戟-』ですが、「衝戟」というタイトルどおり激しい内容になっています。彼らが最後にどうなるのか楽しみにスクリーンで見届けて頂きたいです。どうぞ宜しくお願い致します。

洲崎綾
今度の劇場3部作の最終章には私が演じた永井慧理子も久しぶりに出ています。本当に素敵な作品ですので、みなさんも劇場に足を運んで、大きなスクリーンでぜひご覧ください。

木下浩之
今週公開となる最終章は、絵も音も衝撃的で本当に見所が満載の作品となっています。タイトル通りの衝撃のラストが劇場で待っていますので、皆様ぜひとも足をお運びください。

山村隆太(flumpool)
今回主題歌のお話を頂く前から、『亜人』という漫画の話はスタッフから「亜人知っている?」と聞かれ、「知ってます。やります」と即答しました。
瀬下総監督との打ち合わせの中で、救いのない主人公を救うような歌を作ってくださいと言われ、今回この曲が出来上がりました。


さらに、2016年10月放送TV第2クールのメインテーマがクリープハイプ「校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな」に決定。


TV第2クール番宣より


TVシリーズ『亜人』第2クールメインテーマ
「校庭の隅に二人、風が吹いて今なら言えるかな」/クリープハイプ

<クリープハイプ コメント>
この作品の持っているスピード感や爆発力とは真逆の所で勝負したいと思って、大掃除の時に懐かしい写真を見つけて手が止まってしまう、あの感覚を歌にしました。圭と海斗がどうやってここまで来たかを紐解くような、そんな歌になれば良いなと思って作りました。

クリープハイプ 尾崎世界観


詳しくは公式サイト へ!
公式Twitter:@anime_ajin/#亜人計画
(c)桜井画門・講談社/亜人管理委員会