ゼロの使い魔


この記事の内容は?
●『ゼロの使い魔』が13年の時を経てついに完結
●完結を記念して兎塚エイジ先生のイラストを完全収録した画集の発売も決定
●最終巻の発売は2017年2月24日!

ヤマグチノボル×兎塚エイジによる超人気ライトノベル『ゼロの使い魔』が、2月24日発売の第22巻を持っていよいよ完結する。さらにこれを記念した画集の発売&イラスト展の開催も決定している!

まずは、最終22巻について。現在『ゼロの使い魔』シリーズはヤマグチノボル先生の遺したプロットを元に描かれているが、その最終巻がいよいよ2017年2月24日に発売されるというもの。ルイズとサイトの最後の物語はぜひその目で確かめたいところ!

そして、シリーズ完結を記念してリリースされるのが『ゼロの使い魔』画集。こちらはイラストを長年にわたって担当してきた兎塚エイジ先生がこれまでに描いた、『ゼロの使い魔』に関わる500点以上の全てのイラストを完全収録したものになるという。

タイトルは『Finale ゼロの使い魔コンプリートイラストコレクション 兎塚エイジ アートワークス』。文庫収録イラストはもちろん、外伝小説である『ゼロの使い魔外伝 タバサの冒険』シリーズや『烈風の騎士姫』シリーズの文庫収録イラスト、月刊コミックアライブの歴代の表紙を彩った描きおろしイラストに、アニメDVDの描きおろしパッケージイラストなど、今では見ることのできない超秘蔵イラストも満載の320ページを超える大ボリュームの画集になるそう。発売は2017年3月25日の予定。

このように最終巻の発売、画集の発売も決定した『ゼロの使い魔』シリーズの完結を記念して、イラスト展覧会の開催も併せて決定している。こちらは画集の発売日である2017年3月25日より1ヶ月間の開催となる。

●Grande Finale ~『ゼロの使い魔』完結記念展~
日程:2017年3月25日(土)~4月23日(日) 12:00~18:00
※月曜休館(祝日を除く)
会場:GoFa(Gallery of Fantastic art)
東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル2F
ホームページ: http://www.gofa.co.jp/

さらに兎塚エイジ先生によるサイン会も4月2日に予定されている。こちらの詳細に関しては後日GoFaのホームページにて発表されるということなので、そちらをチェックしてほしい。

【書籍情報】
『ゼロの使い魔22 ゼロの神話』
著/ヤマグチノボル
イラスト/兎塚エイジ
発行:株式会社KADOKAWA
レーベル名:MF文庫J
定価:本体580円+税

『Finale ゼロの使い魔コンプリートイラストコレクション 兎塚エイジ アートワークス』
著/兎塚エイジ
発行:株式会社KADOKAWA
レーベル名:MF文庫J
定価:本体4,000円+税

■『ゼロの使い魔』公式サイト

■MF文庫J公式サイト


ファンにとっては本当に最後の一冊。寂しさはありますが、最終巻……心を込めて読みたい。






ヤマグチノボル
KADOKAWA
2017-02-25