000

スタイリスト:高橋結


まとめると!
●『魔法使いの嫁 星待つひと:後篇』初日舞台挨拶を実施した!
●TVアニメ『魔法使いの嫁』OPテーマアーティスト解禁!
●TVアニメ『魔法使いの嫁』新規キャラクター&キャスト解禁!

 連載開始から程なく漫画好き・ファンタジー好きの間で話題となり、2015年に数々の漫画賞を受賞。現在は累計400万部を超える大ヒット作となった正道ファンタジー『魔法使いの嫁』(月刊コミックガーデンで連載中)。2016年にはアニメ化プロジェクトが始動し、完全オリジナルアニメーション『魔法使いの嫁 星待つひと』全3部作がコミックス特装版第6巻・7巻・8巻に同梱される形で発表された(8巻は2017年9月8日発売予定)。そして2017年10月、TVアニメ版『魔法使いの嫁』が満を持してスタート。

 映像化を担うのは『進撃の巨人』『甲鉄城のカバネリ』など、数々の話題作を手がけたWIT STUDIO。ハイクオリティかつエモーショナルな映像を作り続ける彼らが、原作の持つ空気をアニメならではの表現で鮮やかに描き出す。放送は2017年秋から2018年冬の連続2クール。完全数量限定生産のBlu-rayも発売が決定した。

 8月19日(土)に後篇初日舞台挨拶が新宿ピカデリーにて行われ、エリアス役の竹内良太さん、長沼範裕監督が登壇した。作品が公開になって改めての二人の心情や10月放送のTVアニメ『魔法使いの嫁』の見どころなどをトーク。また、今回スケジュールの都合上、会場に来られなかった種﨑さんから、お手紙が届き、会場は大いに盛り上がった。

キャスト・監督コメントを紹介しよう!

【竹内良太:エリアス役】
前篇の事を思うと、1年は早いなと思いました。早く皆さんに観ていただきたかったので今日を迎えられてとても嬉しいです!演技、背景、音楽といったすべての事がバランスよくマッチして、飽きさせない作品になっています。今回の『魔法使いの嫁:星待つひと』を心の中に置いて頂きながら、TV放送を待っていただければと思います。これからもエリアスとチセの成長を見守ってください。本日はありがとうございました。

【長沼範裕監督】

『魔法使いの嫁』は他の作品に比らべて台詞数が少なくなっておりますが、その分音楽や背景、色、お芝居、雰囲気といった部分にとてもこだわって作っています。2017年10月から本編が始まります。皆さんがTV見ていただいた時にいろいろ発見できる作品になっておりますので、24話最後まで見ていただければと思います。本日は本当にありがとうございました。

TVアニメ『魔法使いの嫁』OPテーマ楽曲情報解禁!
OPテーマ楽曲をJUNNAが担当することが決定した!

<楽曲情報>
TVアニメ『魔法使いの嫁』オープニングテーマ
「Here」/JUNNA
作詞:岩里祐穂 作曲・編曲:白戸佑輔

00


【コメント】
『魔法使いの嫁』のオープニングテーマを担当させていただく、JUNNAです。
チセには、帰れる場所がなく、生きがいも感じていなかった。しかし、魔法使いのエリアスに出会い少しずつ変わっていく。そんな、チセの心を自分の歌で表現できていればとても嬉しいです。
「魔法使いの嫁」という、作品に関わることができてとても光栄です。私の歌で少しでも作品に花が添えられますように。
アニメを観られるのをとても楽しみにしております!
詳しくはコチラ へ!

TVアニメ新規キャラクター&キャスト解禁!

00

ティターニア役:大原 さやか


【コメント】
今回、ティターニア役でこの作品にかかわれることをとても嬉しく思います。妖精の女王ということで、神秘的な雰囲気や神々しさ、そしてヒトでは計りしれない奥行きを意識しつつ、ところどころに可愛らしさも散りばめて楽しく演じさせていただきました。この作品は絵や音楽も美しく、キャラクターもとてもチャーミング。そしてイギリスや魔法といった大好物のファクターにみちているため、現場にいるだけで密かにテンションがあがっています。オンエアをどうぞお楽しみに♪

TVアニメ公式HPはコチラ へ!
原作コミックスHPはコチラ へ!
TVアニメ公式Twitter :@mahoyome_project
(c)2017ヤマザキコレ/マッグガーデン・魔法使いの嫁製作委員会
(c)ヤマザキコレ/マッグガーデン
※敬称略

ティターニアの胸元が…( *´艸`)( *´艸`)