00 (1)


まとめると!
●TVアニメ『このはな綺譚』大野柚布子ら、メインキャスト&eufonius登壇!
●先行上映イベントレポート到着!
●TVアニメは、10月4日(水)よりAT-X、TOKYO MXほかで放送開始!

 「月刊バーズ」(幻冬舎コミックス刊)で連載中の天乃咲哉原作『このはな綺譚』が待望のアニメ化。TVアニメ『このはな綺譚』は、あの世とこの世の間にある温泉宿【此花亭(このはなてい)】で働く6人の狐っ娘仲居たちが織りなす摩訶不思議な感動綺譚だ。

10月4日(水)より、AT-Xほかにて順次放送となる本作だが、放送に先駆けて9月24日(日)に先行上映会が開催され、メインキャストを演じる大野 柚布子さん、秦 佐和子さん、諏訪 彩花さん、久保田 梨沙さん、加隈 亜衣さん、沼倉 愛美さんが登壇。アニメ第1話の上映の後、キャラクターや作品の見どころについてトークを実施。また、スペシャルゲストとしてeufoniusが登壇。オープニング主題歌「ココロニツボミ」をライブ初披露した。また、イベント最後には、原作者・天乃咲哉先生が和服姿で登場。さらに、集まった観客へのサプライズとして第2話を特別上映。最後まで大きな拍手に包まれたサプライズいっぱいのイベントとなったぞ。

00 (1)


以下、ゲストのコメントを紹介しよう!

【大野柚布子さん】

<柚について>
「とにかく真っすぐで素直な子です。思ったことが、そのまま行動や言葉に出ます。毎回、ハッとさせられることを言います。何かを変えようとかじゃなく、思った通り、ありのまま素直に言える子です。」

<今後の見どころ>
「1クールを通して、四季がゆっくり描かれています。それぞれの関係性、成長がゆっくり流れていきますが、その中で忘れていたことを思いだしたり、ハッとさせられるところがきっとあると思います。」

【秦佐和子さん】
<皐について>
「第1話で少しは(柚と)分かり合えたかな…? (チビ公から柚へと)呼び方も変わりました。怒って、イライラしていることが多かったんですが、柚と接することで表情が変わったりしていくのを短い時間でも感じられたんじゃないかと思います。」

<今後の見どころ>
「まだまだ(柚と)距離があるけど、どんどん絆を深めていくのを注目して見てください!」

【諏訪彩花さん】

<棗について/蓮との関係について>
「(蓮とは)実はラブラブです! 決して倦怠期ってわけじゃなく(笑)、わかり合ってるんです! 棗は見た目は男の子みたいですが、女の子ですよ! あっけらかんとしてムードメーカーです。」

<今後の見どころ>
「言っちゃっていいのかな? (蓮と)あそこまでの仲になるまでが、今後、描かれます! 蓮はメチャクチャかわいいので、2人の関係をぜひ見てほしいです!」

【久保田梨沙さん】
<蓮について>
「(蓮のイメージは)ピンクです! (性格に二面性が見られることについては)1話ではすっごい怒ってますけど、キライにならないでください! ツンツンして嫌な子に見えがちですけど、いい子だから、デレるのを待っててください。」

【加隈亜衣さん】
<櫻について/桐との関係について>
「目の輝きがいいですね。あとは桐さんとの関係もいいです。まだ1話ではそれぞれ本性を明かしてないんですが、みんないいところがあります。櫻はどれくらいしゃべるのか…? 櫻の見方は、みなさんがそれぞれ勝手に「こんなこと思ってるんだろう?」って声を当てていただければと思います(笑)。」

【沼倉愛美さん】
<桐について、櫻との関係について>
「諏訪ちゃんが「(桐と櫻は)熟年夫婦みたいだ」って言ってました(笑)。(桐と櫻の)ああいう会話は仲良くないとできないですよね。桐は心のガードが少ない人。みんなを見守りながら、心が動いたらそのまましゃべる人なので楽に演じさせていただいてます。1話では実はカメ役もやってて、そっちのほうが力が…(笑)」

【eufonius riyaさん】

<楽曲「ココロニツボミ」について>
「物語も素敵ですが、やはり画がキレイなので、カラーの絵が曲を聞いたときにバーッと脳裏に浮かぶといいなと思って作りました。作詞は、柚ちゃんを思い浮かべながら書いたので、彼女が手伝ってくれたようなものです。ツボミというのは、これから咲いてくれる柚ちゃんっぽいなと。日常を頑張っているみなさんへのエールになれば。」

【eufonius 菊地さん】
「(劇中の音楽は)3週間くらいで50曲は作りました。多いほうだと思います。原作が好きでハマって、曲もすんなりと書けました。女性ばかりの繊細な人間関係を音楽でも描けたら、花が舞うシーンをキレイに彩ることができればという思いで書きました。」

【原作者 天乃咲哉さん】
<アニメ化について>
「プロデューサーからオファーをいただいたんですが、その内容が一番うれしかったんです。プロデューサーのお父様が体を壊されたとき、私の作品を見て、それがすごく響いたと。それで、アニメで多くの人に届けたいと言ってくださって…。私にとってはその気持ちで十分で、ポシャってもいいやと(笑)。ずいぶん奔走して、長い年月かけて決まりました。(出来上がった作品は)本当にすごくて、何も不満がない! あまりに出来が良くて、こんなによすぎて大丈夫かなと…。みなさんの演技もすごく素敵で本当にありがたいです。」

00 (2)


詳しくは公式サイト へ!
公式Twitter:konohana_anime
(c)天乃咲哉・幻冬舎コミックス/このはな綺譚製作委員会

ステージから、いい匂いがしそうなイベントですね(*´ω`*)