sub1


まとめると~
●「ファミ通」が2017年の国内家庭用ゲーム市場についてまとめた
●市場規模は3917.5億円で昨年対比130.8%
●11年ぶりにハード/ソフト市場前年増となった

main

2017年国内家庭用ゲーム市場規模: 3917.5億円
(集計期間:2016年12月26日~2017年12月31日/週数:53週 ※市場規模はハード・ソフトの合計値)ファミ通調べ


2017年の家庭用ゲーム市場規模は、 ハード・ソフト合計で昨年対比130.8%の3917.5億。Nintendo Switchが大ヒット、ハード市場を大きく牽引したことと、ソフト市場もプレイステーション4とニンテンドー3DSを中心に、前年を上回る売上となった。ハードとソフトの市場規模がともに前年からプラスとなるのは2006年以来、11年ぶりとのこと。

年間ソフトランキングトップは、 200.4万本を販売した「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」(ポケモン/2017年11月17日発売/3DS)。

「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」(スクウェア・エニックス/2017年7月29日発売/PS4、 3DS)は2機種合計で308.1万本とタイトル別合算では2017年で最多の売り上げ。PS4版の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」は、プレイステーション4タイトルにおける歴代最高のヒットを記録した。

Nintendo Switchは340.7万台を販売、年間ハード販売台数において首位を獲得。ソフトタイトルでも年間2位の「スプラトゥーン2」(任天堂/2017年7月21日発売/Switch)が175.2万本を販売したほか3タイトルがミリオンに到達している。

プレイステーション4については2016年を上回る193.5万台を販売、年間ハード販売台数の2位となった。1月26日にはシリーズ待望の新作「モンスターハンター:ワールド」(カプコン/2018年1月26日発売予定/PS4)の発売が予定されている。


Gzブレイン公式サイト

…売れることはいいことだ