00 (18)


まとめると!
●サンシャイン水族館・特別展「化ケモノ(ばけもの)展」アマチュアレベルから神レベルまで、世界中から「化ケモノ」のオールスターが勢ぞろい!
●期間は、6月28日(木)~11月25日(日)!
●期間中のみ館内の「カナロア カフェ」で味わえる“化ケモノ”メニューなどを販売!

 サンシャイン水族館では、6月28日(木)~11月25日(日)の期間、擬態する、成長すると色や模様が変わるなど、「化ける」生き物たちをテーマにした特別展「化ケモノ(ばけもの)展」を開催。本特別展では、世界中から集められた「化ケモノ」のオールスターとも呼べる約30種の生き物を展示するほか、期間中のみ館内の「カナロア カフェ」で味わえる“化ケモノ”メニューなどを販売する。

00 (18)

アフリカオオコノハズク(写真提供:掛川花鳥園)


身体を細くし木の枝にカモフラージュ

00 (1)

上:ミツヅノコノハガエル、下:リーフフィッシュ


色も形も枯れ葉のよう

00 (6)

シマウミヘビ


ウミヘビのような模様だが、毒を持たないウナギ目の魚

 本イベントは、何かに化ける「擬態」に焦点を当て、敵から身を守る際に体を細くし木の枝にカモフラージュするフクロウ「アフリカオオコノハズク」や、目と鼻の先が尖っており全身茶褐色で枯れ葉のように見えるカエル「ミツヅノコノハガエル」の他、身を守るために幼魚から成魚へ成長するにつれ模様が変わる魚「タテジマキンチャクダイ」、有毒生物に似させた体の模様により敵を遠ざける「シマウミヘビ」などを展示する。

 会場内では実際に擬態する生き物探しができる水槽もあり、楽しく観察することができる。中には見つけるのが困難なほど上手に擬態した“神レベル”の「化ケモノ」もおり、子どもだけでなく大人も見つけるのに夢中に。個性的な見た目やきれいな模様に隠された、食うか食われるかの厳しい自然を生き抜く生き物たちの戦略を読み解くという知的好奇心をくすぐる展示になっているので、夏休みの自由研究の題材にもお勧めだ。

期間中、サンシャイン水族館内の「カナロア カフェ」や「ショップ アクアポケット」にて関連メニューや限定グッズも販売する。また、自分自身も「化ける」を体験できるアフリカオオコノハズクのフォトスポットも登場するぞ。

詳しくは公式サイト へ!

サンシャイン水族館には、一度行ったことがあります(#^.^#)