00 (4)


まとめると!
●『西山宏太朗の健僕ピース!』西山宏太朗さん、濱野大輝さん、八代拓さんオフィシャルインタビュー到着!
●「元気」にスポットを当てて、さまざまな健活にゲストと一緒に挑戦する番組だ!
●隔週水曜日に、TOKYO MXとエムキャス(PC・スマホ対応)にて、23時より放送!

2016年1月からスタートし、第3期まで放送された人気番組『江口拓也の俺たちだって癒されたい!』でアシスタントを務める「やる気、元気、勇気!」がモットーの声優・西山宏太朗さんが、「元気」にスポットを当てて、さまざまな健活にゲストと一緒に挑戦する番組『西山宏太朗の健僕ピース!』。2016年10月~2017年3月まで放送された『西山宏太朗の健やかな僕ら』が、装いも新たに第2期が始動。第12回には、濱野大輝さんと八代拓さんが登場。西山宏太朗さん&濱野大輝さん&八代拓さんオフィシャルインタビューを紹介しょう。

西山宏太朗さん&濱野大輝さん&八代拓さんオフィシャルインタビュー!

――まずは、皆さんが仲良くなったきっかけを教えてください。

西山:大前提として、僕たち3人は仲良し、なんでしょうか……?
濱野:あ、ひどい!(笑) 俺は仲良いって思ってるよ!
八代:俺も仲良しって思ってるよ⁉
西山:安心した~(笑)。仲良いと思ってるの、自分だけかもって考えてたから(笑)。
八代: (笑)。僕と濱野くんは、元々同期なんです。
濱野:宏ちゃんとは『東京乙女レストラン』という番組内の『東京乙女パティスリー』というコーナーで共演したのが、初めましてだったよね?
西山:そうそう、2人と会ったのはそこが初めてでした。それまでも名前は知っていたんだけど、共演したことがなかったから……。でも、あの後からいろんな現場で会うことが増えたよね。2人がいてくれると安心します。

――お互いの呼び名が、『東京乙女パティスリー』と普段では違うとのことですが、普段はどう呼び合っていますか?

八代:僕は普段は「宏太朗くん」って呼んでるんですが、パティスリーでは「宏ちゃん」って呼んでました。番組の最初に、お互いどう呼び合うか決めようっていう話になって。実際に距離が縮まったので、あれは粋な計らいだったと思います。でも最近はやっぱり「宏太朗くん」がしっくりきます(笑)。
濱野:僕も、普段は「宏太朗くん」呼びですね。
八代:宏太朗くんは、僕たちのことを裏でなんて呼んでるんだっけ?
西山:「低音魔人(濱野さん)」と、「シルエットどんかぶり(八代さん)」。
濱野・八代:(笑)
西山:拓のことは「拓」って呼ぶのが一番しっくりきます。濱野さんは「大輝さん」とか「大輝くん」とか……意外と呼び方がブレブレですね(笑)。

――プライベートで遊んだり、飲んだりしたことはありますか?

西山:3人でっていうのは、ほとんどないです。
八代:それこそ、前にプライベートでバドミントンやった時くらいだよね。
西山:なので今日、この収録のあとに遊びに行こうって話をしてます(笑)。

――『東京乙女レストラン』以来、久々のパティスリー企画でしたが、いかがでしたか?


濱野:懐かしかったねぇ、みんなの立ち位置も変わらずだったし。
八代:確かに。ずっと継続してきたかのように、すんなりいったのが面白かったよね。
濱野:あなたは相変わらず、先生の話を聞かずにね。
八代:聞いてますよ!
西山:それを大輝くんがしたためてくれて……したためる?
濱野:たしなめる、ね(笑)。
八代:その隣で宏ちゃんが我が道をいくという。
西山:(笑)相変わらず楽しかったので、いつかまた復活してくれるといいなって思います。
濱野・八代:そう思います(笑)!

――普段、料理やお菓子作りはしていますか?

濱野:お菓子よりは料理を作る機会のほうが多いですが、普段はあまり凝ったものは作らないですね。宏ちゃんは?
西山:僕は『東京乙女パティスリー』でも教えてもらったフルーツポンチを作りました!
濱野:へえ~!確かに番組でいろいろ教えてもらったから、「楽しかったな」っていうのを思い出しながら作ってみたくなることもあるよね。
八代:僕はあのー、あれです、作ってないです……(笑)。今回の健僕を見ていただけたら、おわかりいただけると思います……(笑)。

――今回「錦玉かん」という和菓子作りに挑戦していただきましたが、お互いの作品について気になった点があれば教えてください。


濱野:宏ちゃんのやつは、金魚の尾ひれがすごかったです。
八代:あれはすごかった!収録中も言いましたが、本当にうまかったです!
西山:大輝くんのは、2匹の金魚が寄り添っていて、見方によっていろんなストーリーが想像できるよね。拓のは…………同じ過程で作ったと思いたくない。
八代:そんなに⁉
西山:時空の歪みがあったとしか思えない。
八代:ないから!教わった通りにやってたよ!あとで映像見てくれたらわかると思うけど、一切ふざけてないから‼
濱野:同じ食べ物とは思えなかったね。
八代:だからそんなに!?
濱野:金魚っていうか、スティック状になってたし。
八代:手先不器用ですみません‼
濱野・西山:(笑)

――お菓子作りのほかに、バドミントンも体験されましたが、バドミントンはいつぶりですか? また、運動は日頃からされていますか?

八代:僕はわりと普段から運動しています。バドミントンは、声優仲間と一緒に月イチくらいでやってますね。あと、今は濱野くんが開催しているフットサル会に参加したいです。
濱野:そろそろ除名になるかもね。
八代:えええええ!? なにゆえ!? まだ2回しか開催されてないのに!?
濱野:(笑)。僕も普段から運動はしている方ですが、3人でバドミントンをやったのは1年前くらいが最後だったと思います。バドミントンはなかなかやる機会がないので、久しぶりにできて楽しかったです。今回は八代くんに教わりながらやりましたが、次があれば勝つんじゃないかと思います。
西山:でも待って、今日は僕たち2対1でやったんだよ。2人がかりで負けた……(笑)。
濱野:あ、そうだった……。じゃあ、僕は一生勝てないかもしれません(笑)。
八代:極端すぎでしょ!

――バドミントンはプレイに性格が表れるそうですが、八代さんから見て、おふたりに向くプレイスタイルは何だと思いますか?


八代:濱野くんは絶対にパワーヒッターになれます。僕よりパワーがあって、スマッシュを打った時の音が重いです。わかっていても返せない球が打てるプレイヤーだと思います。宏太朗くんはドロップとか、ヘアピンのような柔らかいショットが上手です。
西山:僕、ヘアピンで食べていける?ヘアピン職人としてやっていける?
八代:ヘアピン職人って何(笑)。でも本当に上手だった!
西山:おお、嬉しい!もっとやりこみたいなぁ。

――今後も皆さんでバドミントンを続けていくご予定はありますか?

八代:声優仲間でやっている“声優羽球部”という集まりがあるんです。集合時間は朝8時くらいで、終わったらそのまま仕事に行きます。
西山:集合時間、早!朝10の仕事より早い……(笑)。
八代:仕事の後の眠気がすごいけど、やると気持ちいいよ!
濱野:健康的だねぇ。でも本当、今日は楽しかったよね。うまくできなくて悔しい思いもしたけど(笑)。
八代・西山:楽しかった!

――最後の韓国料理はいかがでしたか?

八代:めちゃくちゃおいしかったです!
西山:大輝くんは、今日が初サムギョプサルだったんだよね。
濱野:そう、人生初。脂っこいイメージがあったので、普段は避けてたんですが、野菜と一緒に挟んで食べるとヘルシーでした。ついついお酒も進んでしまいました(笑)。
西山:飲み会のテンションだったね。
八代:ね!僕が気になったのは、濱野くんがスンドゥブを週一で食べてるのにサムギョプサルは初って、どんな人生だよっていうことかな。
濱野:(笑)いいから、ほら!ほかにもお店の感想は?
八代:サムゲタンもおいしかったです。あれだけ肉々しいお肉を食べて、健康なのもうれしいですね。

――ありがとうございました。それでは最後にファンへのメッセージをお願いします。

八代:今回はお菓子作りから始まりましたが、かつてテレビ番組でトリオを組んだこのメンバーで、また同じことをできたことが幸せでした。3人でバドミントンをやれたのも嬉しかったですし、スタッフさん含めてあたたかくて素敵な現場でした。ぜひ視聴者の皆さんにも、休日の僕らの様子をご覧いただいて、楽しんでいただけたら嬉しいです。

濱野:『東京乙女レストラン』をご存知の方は、その頃と同じ感覚で楽しんでいただけると思いますし、あれから何年か経って僕らの関係性がより深まって仲良くなったところを見ていただけると思います。バドミントンは不慣れでしたが、新しいことに挑戦できて心身ともに健やかになれたように感じます。

西山:番組最後のゲストとして、このメンバーに来ていただけて本当に嬉しかったです。お菓子作りからバドミントンまで、それから移動中のロケバス内もすごく楽しくて、ずっと一緒にいたいと思えるメンバーです。本当にこの3人で集まれてよかったです。ぜひ、皆さんにも一緒に楽しんでいただければと思います。

00 (1)

00 (2)

00 (3)


詳しくは公式サイト へ!
公式twitter
(C)sukoboku

バトミントンもやりたいです(#^.^#)