00 (4)


まとめると!
●アニメの舞台秩父で「秩父夜祭」の曳子を初募集!
●募集〆切は、2018年10月31日(木)だ!
●開催日は、2018年12月2日(日)午前9時~!

 毎年冬に秩父で行われる日本三大曳山祭・秩父夜祭で、中町の山車の曳子を一般から募集する事が決定した。

1.秩父夜祭の曳子とは?
曳子とは山車を曳く人のこと。埼玉県秩父市では、毎年12月1日から6日におこなわれる秩父夜祭(ちちぶよまつり)にて、秩父の街中を六基の山車が各町会の曳子によって曳航される。

00 (4)

00 (3)

00


通常曳子は山車のある町会の氏子しかなれないが、今回の中町町会では、2018年に初めて山車の曳子を一般から募集する事に。日本全体で高齢化・過疎化が進む昨今、曳子の門戸を広く一般から公募することで、祭をより一層活性化させたいと願っている。

2.秩父市内に、アニメ『あの花』、『ここさけ』の曳子の絵柄が登場
秩父市内で流通している地域振興券では、秩父が舞台のアニメの『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、『心が叫びたがってるんだ。』のキャラが夜祭の半纏を着た絵柄になっている。2018年は『あの花』のメンバーが中町の曳子として夜祭に参加した絵になっているので、今回中町の曳子になれば、『あの花』キャラと一緒に祭に参加している気分が味わえるぞ。

00 (1)

2018年『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』


00 (2)

2016年『心が叫びたがってるんだ。』


3.中町町会で初募集!貴方も曳子になれるチャンス
この機会に是非、日本三大曳山祭である秩父夜祭でユネスコ世界無形文化遺産登録の山車を曳いてみよう。

<募集概要>
開催日:2018年12月2日(日)午前9時~
参加方法:2プランあり、どちらかを選択可能
募集人数:50名(多数申込時には抽選となります)
参加料金:一律¥5000(保険代・半纏クリーニング代・昼食代・お土産付・他)
申込資格:高校生以上(未成年の方は保護者の同意か必要)
募集〆切:2018年10月31日(木)

詳しくはコチラ へ!
※詳細な募集要項や申し込みについては、上記サイトで確認ください。

お祭りいいですね!(^^)!