00 (2)


まとめると!
●TVアニメ『ブラッククローバー』1月からのオープニングテーマに「感覚ピエロ」再来!
●吉原達矢監督から大興奮のコメント到着!
●12月11日(火)夕方6時25分より、第62話「高め合う存在」を放送!

 テレビ東京系にて人気放送中のTVアニメ『ブラッククローバー』の、1月から放送となる第6クールのオープニングテーマに「感覚ピエロ」が決定した。「感覚ピエロ」がTVアニメ『ブラッククローバー』のオープニングを担当するのは第1クール以来2回目となる。

 本作は週刊少年ジャンプ(集英社/著:田畠裕基)にて、絶賛連載中で、シリーズ累計600万部を超える人気作品。誰もが魔法を使える世界が舞台で、最果ての地の教会に捨てられ下民として育ったアスタとユノ。なぜか生まれつき一切魔法が使えないアスタと天才的な魔力をもつユノ、対照的な2人が、世界を救う魔道士の頂点といわれる“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作。一癖も二癖もある個性的なキャラクター達が繰り広げる群像劇と豪華声優陣、そして魔法バトルシーンの美しさが話題の作品だ。2018年10月からは放送が2年目へ突入し、王道アニメとして、老若男女幅広い世代から支持を受けている。

 1月より放送となる、TVアニメ『ブラッククローバー』の第65話からのオープニングテーマに、感覚ピエロの「落書きペイジ」が決定。「感覚ピエロ」は20代を中心に人気の男性4人組ロックバンドで、映画『22年目の告白-私が殺人犯です-(2017年)』の主題歌「疑問疑答」が収録されたフルアルバム「色色人色」発売や全国47都道府県ツアーを完走するなど活躍を続けている。そんな感覚ピエロがTVアニメ『ブラッククローバー』のオープニングテーマを担当するのはこれが2回目。前回は「ハルカミライ」で第1クールのオープニングを飾り、ブラッククローバーの作品としての印象を作り上げた。そして、ファンからの熱い要望もあり、第6クールのオープニングアーティストに決定。本楽曲はブラッククローバーのために書き下ろされた楽曲で、イントロのギターサウンドからダークな印象を抱かせ、サビの疾走感が心地よいロックナンバー。TVアニメ『ブラッククローバー』の世界観を体現したかのような楽曲に仕上がっている。そして本オープニングの絵コンテは本作の監督・吉原達矢が担当。第1クールのタイアップ以来、感覚ピエロに熱烈なオファーを送っていた吉原自らが、オープニングアニメーションを担当する。吉原は今回のタイアップに「何度もまたOPをお願いしたいと無理を言っていました。今回それが叶いとても興奮しています。」とコメント。本楽曲にどのようなオープニングアニメが加わるのか、期待が高まる。

 TVアニメ『ブラッククローバー』は、12月11日(火)夕方6時25分~第62話「高め合う存在」が放送となる。魔女の森に攻め入った「ダイヤモンド王国」のラドロスとの戦いもいよいよ佳境に入るぞ。TVアニメ『ブラッククローバー』のタイアップ楽曲の中で圧倒的人気を誇る「感覚ピエロ」が彩る第6クールのOPに注目だ。

<吉原達矢監督からのコメント>
感覚ピエロさんには「ハルカミライ」を頂いた頃から何度もまたOPをお願いしたいと無理を言っていました。今回それが叶いとても興奮しています。「ハルカミライ」とはまた異なるブラッククローバーへのアプローチがとても新鮮でカッコいい曲に仕上げて頂きました!映像の方も楽曲の雰囲気を精一杯汲み取り制作中ですので、是非何度も何度も何度も聞いて、そして見て下さい!

第6クール・オープニングテーマ 
感覚ピエロ「落書きペイジ」


00 (2)

●プロフィール
2013年、大阪にて「感覚ピエロ」を結成。直後、自主レーベル「JIJI RECORDS」を設立。独自な活動にも関わらず、その積極的なライブ活動、そしてドラマ、映画などの主題歌抜擢を得てメジャー、インディーズの垣根を超えて着実に幅広い層にその名を広げている。中毒性のあるメロディに多面性のある楽曲、またライブでの世界観は一筋縄ではいかず、まるでピエロのようにオーディエンスを魅了する。2017年4月には、自社「JIJI INC.」を設立し、さらに活動の規模を広げ精力的に活動中。

<作品情報>

00 (1)

TVアニメ『ブラッククローバー』 
■放送時間
テレビ東京系にて毎週火曜・夕方6時25分~放送
BSテレ東にて毎週金曜・深夜0時30分~放送

ブラッククローバーセレクション~黒の暴牛傑作選~

2018年10月14日より
テレビ東京、テレビ愛知にて毎週日曜日 深夜1時35分~放送
テレビ大阪にて毎週月曜日 深夜1時05分~放送

詳しくは公式サイト へ!
公式twitter
(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会

ピエロの歴史を知りたいような恐いような…