00 (1)


まとめると!
●花江夏樹、丹澤誠二出演!オーケストラ『スタミュ』ライブレポートが到着!
●6月19日(水)Blu-ray&DVDリリース!
●Blu-ray&DVDは、会場での生演奏を収録したLIVECD付きだ!

TVアニメとオーケストラが生み出す新しい『スタミュ』の世界!
オーケストラ『スタミュ』公演オフィシャルレポートが到着!


TVアニメ『スタミュ』は、憧れの高校生を追って音楽芸能分野の名門・綾薙学園のミュージカル学科に入学した星谷悠太を主人公として描かれる青春ドタバタ・ミュージカルストーリー。2015年10月からアニメ第1期が放送され、ミュージカルという斬新な切り口と、夢を追いかける男子高校生たちの青春ストーリーが熱い支持を受け、女性を中心に広い人気を獲得した。その後もコミカライズ、OVA、ミュージカルなどさまざまな展開でファンを魅了し、2017年4月にアニメ第2期が放送された。2019年の夏には待望の第3期の放送を予定している。

そして2019年2月、『スタミュ』はオーケストラコンサートという新たな表現に挑戦した。加藤みちあき音楽監督が率いるアレンジチームの編曲により、TVアニメを彩るBGMや、劇中のミュージカルパート曲が迫力のフルオーケストラで生まれ変わる。公演は2月9日、10日の2日間にわたって3公演行われ、千穐楽となる10日の夜公演では、ニコニコ生放送でのWEB配信も実施された。

会場は東京都墨田区にある、すみだトリフォニーホール。開演の1時間前から続々と来場者が集まる。開演10分前にはほとんどの人が着席し、場内の期待と緊張が静かに高まっていく。

その緊張を一気にほぐすように、主人公・星谷悠太の明るいボイスが会場に響き、続けてteam鳳のメンバーたちが公演中の注意事項を挙げていく。いつも通りの掛け合いで、場内の空気はすっかり和やかに。「このあとすぐ!」という5人の声に応えるように、公演開始のベルが鳴る。

第1部の開幕を飾るのは「STARSHINE」。明るく華やかな演奏とともに、ステージ上のスクリーンにアニメーションが映し出される。本公演のために書き下ろされたイラストがスクリーンいっぱいに登場すると、食い入るように見つめるファンの姿……。続いてキャラクター達が次々と現れ、この後の展開への期待を大きく煽っていく。

オープニングが終わり、爽やかな印象の「Still Dreamin’」の演奏が始まった。本公演は2部構成になっており、第1部ではBGMが中心に演奏され、スクリーンに映し出されるTVアニメ『スタミュ』の名場面を見ながら、追想できる構成になっている。楽曲の雰囲気と映像の内容が噛み合い、キャラクターたちの感情や、物語の盛り上がりなどが演奏からもはっきりと伝わってきた。

特に、ピアノが印象的な「Waterdrops」から一転、明るく晴れやかな「SPANGLE」へと続く演奏の盛り上がりには、TVアニメ第1期のラストシーンの感動が思い起こされた。華やかに響きわたる金管楽器の音色と、スクリーンに映る野外ステージでの華麗なパフォーマンスがぴったりと重なる。雲のすき間から広がっていく晴天のような、荘厳さすら感じさせる厚みのあるハーモニーに、涙をこらえきれなかった人も多いのではないだろうか。

続く「Suede Shoes」~「Saturday Night」は、うってかわってジャズ調のシックな雰囲気。遊び心を感じる鈴の音と、洗練されたピアノの音色が印象的だった。アニメーションも第2期の内容にさしかかり、「アンシエント」を務めた学園OBが登場する。第2期で使用された様々な楽曲が続く中、すべての楽器がひとつになり、渾身の「Friendship」へと続く。激しい急流の後の大河のような、雄大でおだやかなハーモニーが美しい。

ここで、ゲストの花江夏樹さん(TVアニメ『スタミュ』星谷悠太役)がステージに登場。ピアノの音色をバックに、主人公・星谷悠太の朗読が始まる。もしも綾薙学園に入学しなかったら……という、「もう一つの青春」を語りながら、それでも「みんなと出会ってよかった」「夢を追いかけることができたのはみんなのおかげ」と、周囲の人々への想いを吐露する。これまでの高校生活のすべてを「ぜったいに忘れません」という強い誓いで結ぶと、会場からは自然と大きな拍手が沸き起こった。

アニメーションは「The Curtain Rises -Overture-」のドラマティックな演奏とともに、第2期のラスト、卒業記念公演のエピソードが始まる。低音を生かした、どこか不穏さを秘めた演奏が続き、その不安は「Behind You」でピークを迎えた。星谷が舞台の仕掛けである奈落へ落ちていくシーンとともに、会場全体が赤い光に染め上げられる。

衝撃的な展開から決意とともに立ち上がるような、凛としたメロディの「Étoile」、「Shining Star」、そして第1部ラスト「Shadow & Lights」への流れは秀逸。鳳と星谷の2人が歌うメロディを、トロンボーンとトランペットがあたたかい響きで朗々と奏でた。エンディングの余韻を残しながら、長く盛大な拍手が会場に響きわたった。

第2部が始まる前に、20分の休憩が入る。客席に弾むようなざわめきが広がっていったのが印象的だった。エントランスへ出ていく人の中には、涙をぬぐう姿も多く見られた。

BGMが中心の第1部に対して、第2部はキャラクターたちが歌った楽曲がメインとなる。ハープのきらめくような音色で始まった「Fly High」では、様々なミュージカル楽曲MVがスクリーンに登場。第2部への期待をぐっと高めてくれる。

特に驚かされたのは、「我ら、綾薙学園華桜会」の演出。キャラクターの実力を感じさせる重厚なメロディとともに、華桜会の見事なパフォーマンスがスクリーンに映し出された後、演奏とアニメーションはアンシエントのパフォーマンスへとつながる。メロディはいっそう勇壮になり、高らかな金管楽器が彼らの風格を感じさせた。

team鳳によるアナウンスが入った後、『team鳳メドレー』が始まる。メンバーそれぞれに焦点をあてたMV風のアニメーションとともに、「俺こそミュージック」「星のストライド」「 MY FRIEND ~僕でよければ~」「天下の花」「RADIANT MIND」「Limited sky」と、各キャラクターの個性が現れた楽曲が演奏される。最後の「星屑ムーブメント」はメロディの再現度がすばらしく、弦楽器の演奏が、まるで歌声のように聴こえてきた。

続いて、team柊によるサプライズなアナウンスとともに、ゲストソリストの丹澤誠二さん(ミュージカル「スタミュ」戌峰誠士郎役)が登場。大きな拍手が沸き起こった。「スター・オブ・スター!」での、のびやかなサックスのソロに始まり、「カメレオン・スター!」「Caribbean Groove」でも華麗なソロ演奏を披露。その多彩でダイナミックな音色に、客席からは惜しみない拍手が贈られた。

00 (2)


「Storytellers」は、TVアニメ第2期から登場した揚羽、蜂矢、北原、南條の楽曲。どこか都会的な印象のおしゃれなアニメーションと演奏が重なり合い、team鳳、team柊とはまた違う、独特の魅力を感じた。

「RISING STAR」では、オーケストラの演奏をバックに、ゲストの花江夏樹さんが生歌を披露した。オーケストラと花江氏のフルパワーがぶつかりあい、会場の盛り上がりはいよいよ最高潮に。渾身の歌唱を終えた花江さんに、長い長い拍手が贈られた。

00 (3)


そして、第2期のミュージカル楽曲が立て続けに6曲披露され、オーケストラの演奏もさらに盛り上がりを増していく。

クライマックスへ向かう「星瞬COUNTDOWN」は、ヴァイオリンのヒロイックなソロから始まった。弦楽器のハーモニーが会場に満ち、雨の野外ステージで歌うteam鳳の映像とシンクロしていく。やがて雨は止み、空が明るく晴れ上がり……。

本編ラストを飾る「☆☆永遠★STAGE☆☆」は、高校生らしい明るさ、華やかさがいっぱいの楽しい楽曲。さまざまなアクシデントや葛藤を乗り越えてきたteam鳳の晴れやかな笑顔が胸にぐっと迫る。ほとんどすべての楽器に見せ場があり、最後の1曲にふさわしい、オーケストラの魅力が凝縮された演奏となった。

00 (4)


万雷の拍手を受け、ボイス演出では星谷が公演の終わりを惜しむも、那雪から「アンコールだよ!」と告げられる。変わらず掛け合いを繰り広げながら、最後はいつものやつで、という星谷の声に応え、5人の掛け声がぴったりと重なった。「オレたち、スターダスト!!!!!」

演奏プログラムにも記載されていないアンコール曲「Gift 〜カーテンコール〜」は、なんとキャラクターの歌声にあわせてオーケストラが演奏する。歌声と楽器のハーモニーに、スクリーンへ映し出されるアニメーションがさらに重なり、まるで目の前で『スタミュ』のキャラクターが歌っているかのような臨場感があった。キャラクター全員でつなぐこの1曲がすべてのファンの心を掴み、会場全体の空気を揺らすほどの拍手に包まれて、約2時間の公演が終了。指揮者と奏者には、途切れることのない盛大な拍手が贈られた。

最後に、スクリーンに「2019年6月」の文字が映し出され、客席がどよめく。本公演の『Bluray/DVD(LIVECD付)』の発売が告知されると、嬉しいニュースに再び大きな拍手が沸き起こった。2月10日より『スタミュ』公式FC(星箱)限定にて予約受付を開始しているので、詳細については公式サイトをチェック。

<商品情報>
オーケストラ『スタミュ』★星箱限定★Blu-ray/DVD(LIVE CD付)
【発売日】2019年6月19日(水)予定
[Blu-ray+LIVE CD] 9,800円(税込)
[DVD+LIVE CD] 8,800円(税込)
【出演】
中田延亮(指揮)
花江夏樹(スペシャルゲスト:朗読・歌唱)
丹澤誠二(ゲストソリスト:サックス)
紺野紗衣(ピアノ)
新日本フィルハーモニー交響楽団(演奏)
【声の出演】
花江夏樹、小野賢章、ランズベリー・アーサー、細谷佳正、前野智昭、岡本信彦、内田雄馬、興津和幸、KENN、松岡禎丞

商品仕様
[Blu-ray] Blu-ray2枚組
本編ディスク
特典ディスク(定点カメラ映像/キャストコメント)
LIVE CD2枚組(Disc1・Disc2)
三方背ケース
ブックレット

[DVD]
DVD2枚組
本編ディスク
特典ディスク(定点カメラ映像/キャストコメント)

LIVE CD2枚組(Disc1・Disc2)
三方背ケース
ブックレット

【予約受付期間】
2019年2月10日(日)20:00~2019年6月13日(木)00:00
公式FC(星箱)限定で予約受注開始!
詳しくはコチラ へ!

オーケストラ『スタミュ』公式サイトはコチラ へ!
オーケストラ『スタミュ』公式Twitter

TVアニメ『スタミュ』公式サイトはコチラ へ!
TVアニメ『スタミュ』公式Twitter

生演奏のLIVECDいいですね(#^.^#)