00 (2)


まとめると!
●フジテレビによるBLに特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」(ブルーリンクス)が誕生!
●三浦しをん×丹地陽子によるカウントダウンイラストショートストーリーが公開!
●『月光はきみのささやき』は、第1作目が発表される4月26日(金)までの間、毎日1枚ずつ追加される

株式会社フジテレビジョンはBL(ボーイズラブ)に特化したアニメレーベル「BLUE LYNX」(ブルーリンクス)を立ち上げることを決定。「BLUE LYNX」は劇場アニメを中心に制作を実施。第1作目は大人気BLコミックの劇場アニメ化となり、その注目のタイトル解禁は4月26日(金)正午に公式サイト及び公式ほかにて発表する。

■奇跡のコラボ!三浦しをん×丹地陽子、カウントダウンイラストショートストーリー公開

これを記念して、「BLUE LYNX」公式サイトでは、『舟を編む』、『風が強く吹いている』など数々のヒット作を生み出す小説家・三浦しをんと、装丁を中心に活躍するイラストレーター・丹地陽子がコラボレーションした、イラストショートストーリー『月光はきみのささやき』が公開中。『月光はきみのささやき』は、第1作目が発表される4月26日(金)までの間、毎日1枚ずつ追加される合計4枚のイラストショートストーリーとなり、現在は公式サイトにてキービジュアルと1枚目のストーリーが公開中だ。

00 (2)

キービジュアル

00 (1)

ストーリー1枚目


■クリエイタープロフィール

三浦しをん
小説家。2000年『格闘する者に○』でデビュー。06年『まほろ駅前多田便利軒』で直木賞、12年『舟を編む』で本屋大賞、15年『あの家に暮らす四人の女』で織田作之助賞を受賞。18年『ののはな通信』で島清恋愛文学賞受賞。他に18年にアニメ化された『風が強く吹いている』など著書多数。

丹地陽子
イラストレーター。現在は書籍や雑誌へのイラストレーション制作。主な仕事に『黒猫シリーズ』(森晶麿著)、『闇の左手』(アーシュラ・K・ル=グウィン著)、『線は、僕を描く』(砥上裕將著)などがある。西荻窪「URESICA」にて個展「めがね」を開催(4.25(木)〜5.6(月祝))。

詳しくは公式サイト へ!
公式twitter

BLに特化したアニメレーベルとは…びっくりしました( ゚Д゚)