00 (2)


まとめると!
●TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第4期・TV放送リアルタイム上映&トークイベントのオフィシャルレポート到着!
●2019年12月14日(土)に、ユナイテッドシネマ アクアシティお台場(スクリーン1)にて開催!
●増田俊樹、上村祐翔、興津和幸が登壇!

シリーズ累計発行部数2500万部を突破!「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)で連載中の、堀越耕平氏による大人気コミック『僕のヒーローアカデミア』。その“ヒロアカ”TVアニメ待望の第4期シリーズが、毎週土曜夕方5時30分、読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット(※一部地域を除く)にて好評放送中。そしていよいよ劇場版最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』が12月20日(金)に全国ロードショー!堀越氏が「ある意味ヒロアカの最終回」と語る超大作がいよいよ公開される。

オフィシャルレポートを紹介しよう!

12月14日(土)にユナイテッドシネマ アクアシティ台場にて、「レッツラファットガム事務所」と称し、TVアニメ放送リアルタイム上映&トークイベントを開催。切島鋭児郎役の増田俊樹さん、天喰環役の上村祐翔さん、ファットガム役の興津和幸さんという「チームファットガム事務所」の豪華キャスト3名をゲストに迎え、アツいヒロアカトークを繰り広げました。

イベントはまず前週12月7日に放送された第71話「ビッグ3のサンイーター」の上映から幕を開けました。物語のカギを握る少女・壊理(エリ)を救い出すため、指定敵<ヴィラン>団体・死穢八斎會の本拠地に突入した緑谷出久たちヒーローチーム。第71話では、雄英ビッグ3のひとりで、“サンイーター”のヒーロー名を持つ天喰環と、“八斎衆”の実力者3人との迫力あるバトルが繰り広げられ、すでに放送済みのエピソードながら、500人以上が集まった観客席は興奮と感動が入り交じり、涙を流す姿もありました。

上映後には、本日のゲストの増田俊樹さん、上村祐翔さん、興津和幸さんの3名が登壇し、大きな拍手と歓声で迎えられました。まずは増田さんに「ヒロアカ」シリーズを通して4期までの変化を伺うと「ヒーロー社会の大きな変化もあり、4期になって、切島だけじゃなく1年A組のクラスメイト全員がそれぞれ成長しています。キャスト陣もそれぞれキャラクターとリンクしているというか、キャラクターと一緒に一歩ずつ進んできている印象があります。」と語りました。また、4期から本格的に出演となった上村さんに収録現場の印象を尋ねると、「先輩方がお芝居で真剣に闘う姿を見て刺激を受けながら演じています。とても緊張感のある、成長できる現場です。」と感想を語りました。
登壇直前に上映された第71話は、天喰がメインで描かれる物語。オンエアを見ての感想を上村さんに伺うと、「事前に自分のお当番回と聞いて、気合を入れて、強いヒーローの“サンイ―ター”であろうと収録に臨んだんですが、音響監督さんから「天喰はプロではなく、まだひとりの高校生。不完全だけど必死で闘っている様を」と演出をいただきました。ヒーロー名や技名を言うセリフも、叫ぶではなく絞り出すような声の演技を心がけました。」と収録時を振り返りました。物語の感想としては、「ネガティブで、すぐ自分の心の内に籠ってしまう天喰が、親友であるミリオの言葉を思い出し、3人の敵<ヴィラン>に立ち向かっていく姿がとてもカッコよかったです。」と語りました。

トークステージ第1部を終え、TVリアルタイム放送に合わせて第72話「烈怒頼雄斗(レッドライオット)」を上映。切島とファットガムが、圧倒的な力を持つ強敵・乱波肩動と天蓋壁慈と激突。自身の必殺技が封じられ、窮地に陥いる切島。そんな彼を激しい攻撃から守るため、ファットガムが身を挺して切島の盾になります。何もできない自分の姿と弱かった中学生時代の出来事を重ね合わせた切島は自らを奮い立たせ、ファットガムと共に見事乱波と天蓋を撃破しました。

上映後には、再びゲストの3名が登壇。アニメ上映の興奮が冷めやらぬ中での登壇となり、客席から大きな拍手で迎えられます。まずは本編を観ての感想を伺うと、増田さんが「切島の中学時代のエピソードや、なぜヒーローを目指しているのかが語られました。今の切島が大切にしている「ヒーロー像」など、彼のひとつの想いが込められていて、演じていてとても達成感がありました。」と感想を語りました。ファットガム役の興津さんに、正面からぶつかり合った相手の乱波(らっぱ)役の梶川翔平さんとのアフレコでの掛け合いについて尋ねると、「ただ戦うことが好きという気持ちだけで素直にぶつかってくる乱波を前に、こちらも真剣に挑みました。殴り合いの演技が楽しかったです。」と印象を語り、増田さんも「敵ではあるものの、とても魅力的なキャラクターで、戦いも気持ちがいい終わり方だったと思います。」と印象を語りました。

TVアニメ本編の魅力についてたっぷりとトークした後、話題はいよいよ12月20日(金)の全国公開が迫ってきた劇場版最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズライジング』のコーナーへ。原作者の堀越耕平先生が「ある意味ヒロアカの最終回」とまで語る本作をいち早く観たという増田さんは、「本当に衝撃的な展開で、ここまでやっていいの!?という演出があり、それでいて「これぞ僕も子供のころに興奮した、少年たちが楽しめるジャンプアニメだ!」という爽快感もある。素晴らしい作品です。」と熱くコメント。さらに、大スクリーンで初出しとなる公開直前PVを特別に2本続けて解禁上映。迫力あふれるアクションや、意味深なシーンで構成されたPVに、会場からも大きな歓声が贈られました。

大盛り上がりとなったイベント最後には、登壇者一人一人よりファンへのメッセージが贈られました。

増田さん「大人になっても少年心を思い出させてくれるような作品。TVアニメ4期のヒーローインターン編はここからがクライマックスですので、楽しんでご覧になってください。」

上村さん「何度もリピートして観返したくなるような作品です。見どころがたくさんあるので、これからも作品を楽しんでください。」

興津さん「これからどうなっていくか期待が高まっていると思います。はたしてデクたちは敵の手から少女・エリちゃんを救うことができるのか、ご期待ください。」

そして、「ヒロアカ」のイベントではお馴染みの掛け声でフィナーレ。増田さんの「更に向こうへ!」の掛け声に、「プルスウルトラ!」と登壇者と客席全員で叫び、イベントの幕を閉じました。

『僕のヒーローアカデミア』は、“個性”と呼ばれる超常能力を持つ人々の存在が当たり前の世界を舞台に、主人公・緑谷出久、通称“デク”が、社会を守り、個性を悪用する犯罪者“敵<ヴィラン>”に立ち向かう“ヒーロー”になるため、ヒーロー育成の名門・雄英高校で仲間たちと共に成長する物語が展開する、「友情・勝利・努力」をまっすぐに突き進むジャンプ王道ヒーローアクション。

00 (3)00 (5)
00 (4)00 (1)


■『僕のヒーローアカデミア』レッツラファットガム事務所
上映&トークイベント
【開催日】2019年12月14日(土)
【会場】ユナイテッドシネマ アクアシティお台場(スクリーン1)
【出演】増田俊樹(切島鋭児郎役)、上村祐翔(天喰環役)、興津和幸(ファットガム役)
【MC】下山亮(東宝)

<作品情報>
『僕のヒーローアカデミア』TVアニメ第4期
毎週土曜夕方5時30分
読売テレビ・日本テレビ系全国29局ネット(※一部地域を除くにて好評放送中!)

詳しくは公式サイト へ!
公式Twitter
(C)堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

『僕のヒーローアカデミア THE MOVIEヒーローズ:ライジング』
「ある意味ヒロアカの最終回」(原作者:堀越耕平)
12月20日(金)全国東宝系でロードショー!

詳しくは公式サイト へ!
公式Twitter
(C)2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C)堀越耕平/集英

みなさんの衣装も、さわやかでありますね( *´艸`)