01


まとめると!
●アニメ『ランウェイで笑って』第1話先行上映会&トークショー・オフィシャルレポートが到着!
●12月14日(土)にユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された!
●登壇者は、花守ゆみりさん、花江夏樹さん、石川由依さん、山村響さん、赤尾ひかるさん、シンガーソングライターの坂口有望さん

2020年1月10日よりMBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送が決定した、猪ノ谷言葉によるファッション×青春譚『ランウェイで笑って』。12月14日(土)にユナイテッド・シネマ豊洲にて開催された第1話先行上映会&トークショーのオフィシャルレポートが到着した。

オフィシャルレポートを紹介しよう!

花守ゆみり「まっすぐな青春と、きれいなのに泥臭い心のぶつかり合いがある作品」──TVアニメ『ランウェイで笑って』先行上映会レポート

2019年12月14日(土)、東京のユナイテッド・シネマ豊洲にて、2020年1月10日より放送されるTVアニメ『ランウェイで笑って』の先行上映会とキャストによるトークショーが開催された。

原作は、講談社『週刊少年マガジン』にて猪ノ谷言葉さんが連載中の同名コミック。現在までに既刊13巻を発売し、累計125万部を超す人気作。身長158cmながらファッションモデルの最高峰であるパリ・コレクションを目指す藤戸千雪と、家庭の事情から諦めかけたファッションデザイナーの夢に向かって奔走する都村育人が織りなす、服飾業界をめぐる青春ストーリーだ。

この日は本放送に先駆け、アニメ第1話を上映。その後、司会に導かれ、花守ゆみりさん(藤戸千雪役)、花江夏樹さん(都村育人役)、石川由依さん(都村ほのか役)、山村響さん(都村葵役)、赤尾ひかるさん(都村いち花役)、そしてオープニングテーマを担当したシンガーソングライターの坂口有望さんが登場。観客は大きな拍手で迎え入れた。

01


アニメになってより感情移入をしてしまう作品に

ファッションを重要なテーマに置く作品だけに、花江夏樹さんは「今日は衣装もみんな気合いを入れてきました。都村家の3姉妹が、示し合わせていないのにチェック柄だったのに驚いた」と話すと、3姉妹役は顔を見合わせて微笑む、あたたかな空気でトークがスタート。

アニメ化される以前より原作のファンだったという花守ゆみりさんは、「このマンガが映像になったら……と想像してきただけに創り手として参加できることに、まだ現実感がないです。いろんな思いが溢れてしまいそう」と素直な気持ちを吐露。花江夏樹さんも続けて「原作を読んでいても涙でうるっとするシーンが多いのに、アニメになって色と音が新たに加わることで、より感情移入をしてしまう」と見どころを早速アピールした。

キャスト陣は誰もが原作を読んで涙をしたり、胸を熱くしたりした体験があると伝える。赤尾ひかるさんは「糸やリボンなど、原作でも大切なモチーフが場面転換の際にも印象的にあしらわれていて、このアニメならではの演出にグッときました」と、細かな絵作りを賞賛。

オープニングテーマである『LION』を書き下ろした坂口有望さんも「原作には鳥肌が止まらなかった。モデルの世界は華やかなように見えて、裏には多くの葛藤がある。その感動から生まれたのが『LION』という曲です」と制作の背景を語った。

演技に深みを生んだ、音響監督や原作者との親密なやりとり

キャラクター紹介では、役と共感したポイントや想いが明かされた。花守ゆみりさん「私も仕事をしていくなかで『理想が満たさない感覚』が常にある。だからこそ、その数cmを埋めたくても埋まらない諦めに似た気持ちが沸き、それでも諦めたくないという葛藤を、千雪にも感じました」と話す。

赤尾ひかるさんは、自身が演じる都村家3姉妹の末っ子・いち花に「いちばん幼くても、しっかり前を向いている。いち花が起点となって家族の空気が明るく変わるところがあるので。みんなの気持ちが癒やされるようにしたかった」と考えを明かす。

ムードメーカーでもあるいち花に、花江夏樹さんも「いち花は最高ですよね。育人が疲れていたり、悩んだりしたりしているときに後ろから抱きついてきたり、無邪気にハッとさせる一言をくれたりする。守りたいなぁと思わせてくれるキャラです」と魅力を添えた。

アフレコ現場では、音響監督たちの会議が綿密に行われていることに加え、原作者の 猪ノ谷言葉さんが参加していたことも話題に。
花守ゆみりさんは「先生と話せたことでキャラクターへの理解が深まり、安心して演じられた」と感謝の言葉を語った。

石川由依さんは「アフレコ現場にも原作が全巻置いてあり、確認作業のつもりが『読みだしたら止まらない!』となるキャストがたくさんいて。ストーリーの面白さへの共感を感じました」と、現場に満ちる原作へのポジティブな気持ちが、作品に表れていることを語った。

多彩なキャラクターから生まれた楽曲への感動

作品の見所については、山村響さんが多彩なキャラクターを挙げる。「いろんなキャラクターが出てきて、それぞれの思いや悩みも描かれていく。感情の複雑な絡み合いが、相手の背中を押す原動力になったりもする。生まれていくドラマは、みなさんも人生のどこかで一度は覚えた感情のはず。自分が好きなキャラクターが、必ず見つかると思います」と語る。

赤尾ひかるさんが「坂口さんの可愛さとキレイさを兼ね備えた歌声のオープニングも早く見たいです!」と力説すると、その熱意を引き継いだ坂口有望さんは「私も身長が148cmで、千雪と同じく身長が伸び悩んだこと、それから夢を追う強い気持ちにも共感したんです。原作を読みながら、自分に千雪が乗り移ったようになった。『千雪が書いた曲』として見ていただけたら、ストーリーとの良い化学反応が起きるのではと期待しています」と明かす。

楽曲については花守ゆみりさんも感動を示し、「演技の練習用DVDで初めて聞いて、千雪らしさがたくさん詰まっていると感じました。それぞれが目標に向かう華々しいファッション業界だけれど、そこにあるきれいな泥臭さを感じる曲。聞いていて元気がもらえ、苦悩に寄り添ってもらえるすてきな歌です」と賛辞を送った。

ここで、「ランウェイで笑える?美意識度チェック!」と第されたミニコーナーも開催。二択の質問に答えることで、潜在的な美意識が心理学的に明るみになるという主旨で、最も美意識の高い人には豪華景品が贈呈。『年末の大掃除、何から始める?』といった簡単な質問ながら、それぞれのこだわりや私生活からの回答に、トークも盛り上がる。観客にも挙手を促しながら、心理テストを楽しんだ。

結果は、花江夏樹さん、赤尾ひかるさん、坂口有望さんが同点。「世界一美しいと思える所作で」行うことが条件の「美意識じゃんけん」で優勝者を決めることに。波の動きを意識した花江夏樹さん、パワーを貯める赤尾ひかるさん、美意識を拳に集める坂口有望さんと、各々が表現しながら勝負に挑む。赤尾ひかるさんが「美意識じゃんけん」に勝ち、景品の美容エステ券を獲得した。「エステに行って、さらに磨きをかけたいち花演じたいと思います!」と喜びを顕にした。

また、アニメ公式Twitterの企画として、花守ゆみりさんが世界的なミシンメーカーであるブラザー工業のショールームで、洋服づくりを体験してきたことが紹介された。「最先端ミシンで、科学の進化を感じながらつくった」というTシャツとランチトートを花江夏樹さんにプレゼントした。Tシャツ前面の、花守さんデザインの育人をイメージしたロゴ、育人のイラストや『ランウェイで笑って』のロゴを刺繍したトートの意匠などがお披露目され、「魔法のようだった」と笑顔で伝えた。

02


「彼らの青春と、きれいなのに泥臭い心のぶつかり合いを」

最後にはキャストから、観客へのメッセージが送られた。山村響さんは「原作の魅力が詰まっていて、アニメによってその魅力がさらに開花していると感じました」と話すと、花江夏樹さんも「ファッションやデザインに馴染みのない方でも心動かされる作品。いろんな方に見てもらいたい」と期待を高めた。

花守ゆみりさんは「原作を読んだきっかけは、ファンの方からのおすすめでした。オーディションの話が舞い込み、恩返しをしたい気持ちが強く湧いた。すばらしい作品に出会えた幸せを感じます。夢に向かって走るキャラクターの熱い気持ちに、役者陣もその熱に動かされてしまう。もっと熱いものにしなければと高め合っていける作品です。彼らの青春と、きれいなのに泥臭い心のぶつかり合いを見届けていただけたら」と、自身と現場の熱気を交えて語った。

TVアニメ『ランウェイで笑って』は、2020年1月10日より、MBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送開始。OP曲は18歳のシンガーソングライター・坂口有望の『LION』、ED曲は各国出身で東方神起やJYJといったグループでも活躍したジェジュンが『Ray of Light』で彩る。

アニメ公式Twitterでも、ミニアニメのほか、花守ゆみりさんがミシンメーカー・ブラザー工業で縫製体験をする動画がアップされるなど、コンテンツを配信中。2020年1月クールの本作に期待が高まる。

03
08
04
05
06
07


【放送情報】
1月10日よりMBS・TBS・BS-TBS“アニメイズム”枠にて放送開始!
MBS:1月10日(金)26:25~
TBS:1月10日(金)26:25~
BS-TBS:1月11日(土)25:30~
AT-X:1月13日(月)22:30~
リピート放送:毎週(水)14:30/(土)6:30
SBS:1月28日(火)26:25~

配信情報はコチラ へ!

【イントロダクション 】
身長158cmの藤戸千雪の夢は、パリコレモデル。モデルとして致命的な低身長を理由に、周囲は「諦めろ」と言うが、それでも折れない。そんなとき、家族を養うためにファッションデザイナーの夢を諦めようとする都村育人に出会う。
――これは一途に夢を追って走り続ける、2人の物語。

【STAFF】
原作:猪ノ谷言葉『ランウェイで笑って』(講談社「週刊少年マガジン」連載)
監督:長山延好/脚本・シリーズ構成:待田堂子
キャラクターデザイン:金子美咲/チーフディレクター:渋谷亮介
コスチュームデザイン:柴田裕介/プロップデザイン:佐藤玲子
色彩設定:林 由稀/美術監督:林 雅巳/撮影監督:伊藤康行
編集:岡 祐司/音楽:片山修志(Team-MAX)、鈴木暁也(Team-MAX)
音響監督:田中 亮/音響制作:ビットプロモーション
アニメーション制作:Ezo'la

【CAST】
藤戸千雪:花守ゆみり/都村育人:花江夏樹
長谷川 心:茅野愛衣/綾野 遠:木村良平
柳田 一:諏訪部順一/都村ほのか:石川由依
都村 葵:山村響/都村いち花:赤尾ひかる
木崎香留:福原綾香/江田龍之介:天﨑滉平
高岡祥子:潘恵子/セイラ:牧野由依/綾野麻衣:浅野まゆみ

【MUSIC】
オープニングテーマ:坂口有望「LION」
エンディングテーマ:ジェジュン「Ray of Light」

詳しくは公式サイト へ!
公式Twitter
(C)猪ノ谷言葉・講談社/ランウェイで笑って製作委員会

パリコレモデル!興味あります(*^。^*)