00


まとめると!
●4月スタート!TVアニメ『イエスタデイをうたって』オールキャスト公開!リクオたちを取り巻くキャラクターを坂本真綾・鈴木達央・喜多村英梨が担当!
●メインキャラクター4人の声が聞けるトレイラームービーも公開!
●主題歌は、アニメ初タイアップとなる4人組ロックバンド「ユアネス」が担当!

2020年4月4日(土)深夜1時30分よりテレビ朝日の新・深夜アニメ枠「NUMAnimation」にて放送開始予定のTVアニメ『イエスタデイをうたって』。今回、アニメ『イエスタデイをうたって』製作委員会は、メインの4人を取り巻くキャラクターを演じる追加キャストを発表。狭山杏子役には坂本真綾さん、木ノ下役には鈴木達央さん、柚原チカ役には喜多村英梨さんなど、合計21名の豪華なキャストを起用したぞ。

また、主題歌はアニメ初タイアップの4人組ロックバンド「ユアネス」が担当するほか、作品の舞台設定・時代設定についての情報や、藤原監督からのコメントも到着。さらにメインキャラクター4人の声を聞くことができるトレイラームービーも公開したぞ。

TVアニメ『イエスタデイをうたって』公式YouTubeチャンネル
詳しくはコチラ へ!

TVアニメ『イエスタデイをうたって』トレイラームービー



このほか、公式Twitter、公式サイトでは、制作の舞台裏や最新情報、などさまざまなコンテンツを発信していくぞ。

追加キャスト

00 (12)


他にも豪華キャストが出演!
天海由梨奈、遠藤大智、大塚明夫、小形満、川島得愛、小林千晃、田中宏樹、西山宏太朗、藤原夏海、本田貴子、村井美里、諸星すみれ、ほか(50音順)

シリーズ構成・舞台設定・時代設定:
20年前の“新宿にほど近い私鉄沿線の小さな街”。連載当時のノスタルジーを現代の技術で表現。本作品ではシリーズ構成を藤原監督自ら担当。原作者の冬目景先生にもアドバイスをいただきつつ、原作で描かれた登場人物たちのドラマを全12話に再構成し、共に原作のファンである脚本の田中仁氏と二人三脚で脚本執筆が行われた。アニメ『イエスタデイをうたって』は、“新宿にほど近い私鉄沿線の小さな街”という原作の設定から下北沢駅〜松原駅周辺を舞台にしている。時代設定に関しても原作連載中の時代背景を準拠し、2002年頃をベースに、固定電話・公衆電話によるやりとりや、アナログテレビ・カセットデッキといった小物の設定など、細部にまでこだわりが散りばめられている。また、2月15日(土)に開催された先行上映会は、舞台の一つでもある「下北沢」にある老舗映画館トリウッドにて実施。当選枠に対して、20倍近い応募が集まった。

▼時代を感じさせる小道具・美術設定

00 (1)


▼舞台は下北沢〜松原駅周辺

00 (2)


監督・脚本コメント
▼監督・藤原佳幸

「化学変化のような掛け合いをしつつ、話している方にも話しながら心境の変化がある、と言った微妙な緊張感がこのタイトルには求められているのだろうと思っています。人間関係の距離感とか、緊張感を丁寧に追いかけていくタイトルなので、一つのシチュエーションに追い込むためには段取りを踏まないといけない。人とどうなりたいのか、そういう時に、自分は何にストレスを感じるのかを丁寧に抽出していった結果、今回のような構成になりました。

リクオ達にとっての希望とか悩みといった現実、果たしてそれは悪いことなのか。幸せってなんなのだろうかっていうところが今の世代にも通じるテーマだと思っていますので、そのあたりを楽しんでもらえたらなと。」

▼脚本・田中仁
「この作品で描かれている日本の時代っていうのは若者にとってちょっとずつ苦しくなっていく時代で、それは今でも続いていて。リクオのように就職できないだとか、色々な漠然とした思いを抱えながら大人になった人も多いし、その時代を知らない人たちにも何かを感じ取ってもらえたらなと。時代感を感じてもらえたらな、と思います。」

▼丁寧に描かれる原作の名シーンの数々

00 (3)


主題歌について
アニメ『イエスタデイをうたって』の主題歌を4人組ロックバンドの「ユアネス」が担当することが決定。ユアネスがアニメ作品に楽曲を提供するのは初となり、本作品をイメージした書き下ろしの楽曲となる。メンバーからのコメントも到着したぞ。

00 (13)


ユアネス/アーティストプロフィール
福岡で結成された4人組ロックバンド。感情の揺れが溢れ出し琴線に触れる声と表現力を併せ持つヴォーカルに、変拍子を織り交ぜる複雑なバンドアンサンブルとドラマティックなアレンジで、詞世界を含め一つの物語を織りなすような楽曲を展開。重厚な音の渦の中でもしっかり歌を聴かせることのできるライヴパフォーマンスは、エモーショナルで稀有な存在感を放っている。(詳しくはコチラ へ!)

メンバー構成
黒川侑司(Vo&Gt) / 古閑翔平(Gt) / 田中雄大 Tanaka Yudai(Ba) / 小野貴寛(Dr)

コメント
「沢山の方の協力のもと僕らの音楽人生において初めてのアニメ主題歌を担当する事ができました。沢山のアニメを見て育ってきたので、アニメ主題歌を担当できるというのは本当にただただ嬉しかったです。素敵な作品で、主人公たちのその時その時の複雑な心情や、人間らしさにズブリズブリと沈みこんでいき、流れるように制作する事ができました。「イエスタデイをうたって」と言う作品の魅力を音楽としても伝えていけたらと思い原作 一つ一つの言葉 セリフ 表情を自分なりに受け止め 感じ取り楽曲にさせていただきましたのでエンディングまで楽しんで頂ければ幸いです。(ユアネス 古閑翔平)」

主題歌については、群像劇である本作品にちなんで、ユアネスに加えて複数のアーティストを起用したユニークな試みも予定しているぞ。

<放送情報>
●放送局情報:テレビ朝日「NUMAnimation」、BS朝日
●放送時間:2020年4月4日(土)毎週土曜日深夜1時30分~
BS朝日2020年4月10日(金)毎週金曜日夜11時30分~
●配信:AbemaTVにて2020年4月4日(土)毎週土曜日深夜1時30分~
<地上波同時・独占先行配信>
放送はコチラ へ!
●本編:全12話
●配信限定エピソード:全6話(AbemaTV本編終了後に独占先行配信開始)

<作品情報>
『イエスタデイをうたって』とは
1998年よりビジネスジャンプ~グランドジャンプで連載、2015年に完結した、冬目景先生の漫画作品。コミックスはシリーズ累計140万部を突破。現在もたくさんのファンに愛されている。

【STORY】
大学卒業後、定職には就かずにコンビニでアルバイトをしている”リクオ”。
特に目標もないまま、将来に対する焦燥感を抱えながら生きるリクオの前に、ある日、カラスを連れたミステリアスな少女―“ハル”が現れる。彼女の破天荒な振る舞いに戸惑う中、リクオはかつて憧れていた同級生“榀子”が東京に戻ってきたことを知る。

【STAFF】
原作:冬目 景(集英社 ヤングジャンプ コミックス GJ刊)
監督・シリーズ構成・脚本:藤原 佳幸
副監督: 伊藤 良太
脚本:田中 仁
キャラクターデザイン・総作画監督:谷口 淳一郎
総作画監督:吉川 真帆
音響監督:土屋 雅紀
美術監督:宇佐美 哲也
色彩設計:石黒 けい
撮影監督:桒野 貴文
編集:平木 大輔
背景:スタジオイースター
アニメーション制作:動画工房
制作:DMM.futureworks

【CAST】
魚住陸生:小林親弘
野中晴:宮本侑芽
森ノ目榀子:花澤香菜
早川浪:花江夏樹
木ノ下:鈴木達央
狭山杏子: 坂本真綾
福田タカノリ:寺島拓篤
福田梢:洲崎綾
杜田:名塚佳織
滝下克美:堀江瞬
湊:小野友樹
柚原チカ:喜多村英梨
カンスケ:前川涼子

(以下50音順)天海由梨奈、遠藤大智、大塚明夫、小形満、川島得愛、小林千晃、田中宏樹、
西山宏太朗、藤原夏海、本田貴子、村井美里、諸星すみれ、ほか

詳しくは公式サイト へ!
公式Twitter
(C)冬目景/集英社・イエスタデイをうたって製作委員会

2002年頃…あの頃は相当若かったです…(*^。^*)