00 (1)


まとめると!
●声優による朗読劇と日本伝統芸能とのコラボレーション「幽玄朗読舞『KANAWA』」開催!
●8月31日(火)~9月5日(日)9公演、銀座博品館劇場にて実施!
●9月4日(土)・5日(日) 4公演に配信決定!

株式会社東京音協では、8月31日(火)~9月5日(日)まで、東京・銀座博品館劇場にて、朗読劇「幽玄朗読舞『KANAWA』」を6日間9公演上演。このうち9月4日(土)・5日(日)の計4公演をPIA LIVE STREAMにて配信することが決定しました。

00 (1)


■朗読と能で描く陰陽師と鬼の世界 幽玄朗読舞「KANAWA」公式サイトはコチラ へ!

本舞台は、声優による朗読と古典舞踏家による舞、そして光、音を駆使しながら幽玄の新しい形のエンターテイメント。題材となる能作品「鉄輪(かなわ)」は、陰陽師・安倍晴明や、丑の刻参りのシーンなどが出て来る有名な作品です。

00 (2)


配信チケットは8月14日(土)10時より、チケットぴあにて発売開始。アーカイブ配信はいずれの回も9月13日(月)23時59分までとなります。

なお、劇場チケットは8月14日(土)10時より一般発売がスタート。詳細は東京音協公式サイトにてご確認下さい。



【配信】朗読と能で描く陰陽師と鬼の世界  幽玄朗読舞「KANAWA」

配信:PIA LIVE STREAM
配信視聴チケット:3,850円(税込)

①9月4日(土)開場12:00/開演12:30 視聴期間 9月4日(土)12:30〜9月13日(月)23:59
②9月4日(土)開場17:30/開演18:00 視聴期間 9月4日(土)18:00 〜9月13日(月)23:59
③9月5日(日)開場12:00/開演12:30 視聴期間 9月5日(土)12:30 〜9月13日(月)23:59
④9月5日(日)開場17:30/開演18:00 視聴期間 9月5日(土)18:00〜9月13日(月)23:59

朗読と能で描く陰陽師と鬼の世界 幽玄朗読舞「KANAWA」

【日時】
8月31日(火) 開場18:30/開演19:00
9月1日(水) 開場18:30/開演19:00
9月2日(木) 開場18:30/開演19:00
9月3日(金)①開場13:00/開演13:30 ②開場18:30/開演19:00
9月4日(土)①開場12:00/開演12:30 ②開場17:30/開演18:00
9月5日(日)①開場12:00/開演12:30 ②開場17:30/開演18:00

【出演】
□男性声優:赤羽根健治、伊藤健太郎、井上和彦、笠間淳、神尾晋一郎、木島隆一、沢城千春、高塚智人、土屋神葉、中澤まさとも、中島ヨシキ、浜田賢二、廣瀬大介、三木眞一郎

□女性声優:逢田梨香子、岡村明美、香里有佐、古賀葵、三上枝織、森優子、柚木涼香、吉岡茉祐

◇舞/山村楽千代、地方/佐藤紀久子、笛・囃子/設楽瞬山、太鼓/望月左京

◇上演台本・演出/村上信夫、音楽プロデューサー/佐藤純之介、 音楽監督/印南俊太朗

〇エンディングテーマ/Sarah L-ee

【会場】
銀座博品館劇場(東京都中央区銀座8-8-11)
・東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線 『銀座駅』A2出口より徒歩5分
・JR『新橋駅』銀座口より徒歩3分 東京メトロ 銀座線『新橋駅』出口1より徒歩3分

【チケット料金】
全席指定7,500円(税込)

【チケット詳細】
一般発売 チケットぴあ・イープラス・楽天チケット 8月14日(土)10:00〜

【注意事項】
未就学児入場不可

【主催】主催:東京音協/ぴあ 後援:文化放送
【制作】企画・制作:東京音協

朗読と能で描く陰陽師と鬼の世界 幽玄朗読舞「KANAWA」紹介

◆ストーリー
​自分を捨てて後妻を娶った夫に、報いを受けさせるため、遠い道を幾晩も、貴船神社に詣で、とうとう女は鬼になってしまいます。その鬼を稀代の陰陽師、安倍晴明が退治する物語です。

◆スタッフ
<脚本・演出 村上信夫>
作家・放送作家・茨城大学教授  映画やテレビドラマ、ネットドラマの脚本をはじめ、音楽番組、報道番組、ドキュメンタリーの構成と幅広く活躍。手掛けたテレビ番組は5000タイトルを超える。人気ラジオドラマ「アナザーワールド 犯罪心理学者」シリーズ(02~09)の原作・脚本、アナウンサー朗読ライブ「ラヴシーンⅠ・Ⅱ」(96~97)(フジテレビ)、歌舞伎舞踊の舞台、愛知万博などの構成・台本も手掛ける。立教大学大学院修了(専門;メディア論、危機管理論)。
『子どもの安全はこうして守る!』(グラフ社)
『犯罪心理学者 花見小路珠緒の不思議事件ファイル 』(グラフ社ミステリー)
『企業不祥事が止まらない理由』(芙蓉書房)
『会社をつぶす経営者の一言 「失言」考現学』(中公新書ラクレ)

<舞・山村楽千代>
重山村流師範 東京深川生まれ、6歳より若柳流の踊りを習い始め、15歳で名取、2年後には師範となる。文楽の吉田蓑助師(現:人間国宝)の紹介で17歳より吉村流四世家元 故・吉村雄輝師(人間国宝)の元で地歌舞(上方舞)を習い始める。その後、吉村雄輝師の紹介によって、地歌舞の名手として世に知られた故・ 山村楽正師(勲四等叙勲)の門下となり本格的に芸の道へ入った。平成23年からは観世流仕舞を野村四郎(現:人間国宝)に学び、第11、12、14回の「舞の会」は文化庁芸術祭参加公演として本行物の地歌を取り上げ、原点である能に一旦戻って作品の見直しを行うという意欲的な舞台で野村四郎師と共演。また、社会学者の鶴見和子氏の回忌である「山百合忌」にて、上皇后陛下御前にて自身による作舞の新曲を舞った。その他引地元活性化の一助となることを願い、東日本大震災の起きた平成23年より富岡八幡宮へ毎年舞を奉納している。

<音楽プロデューサー:佐藤純之介>
2001 年に上京、レコーディング・エンジニアとしてJ-POPの制作に参加。2006年、株式会社ランティスに入社。ディレクター兼A&Rとして多数のアーティストの発掘、デビューまでを手がけ、最盛期には年間400曲以上の楽曲を制作。2018年4月、株式会社バンダイナムコアーツ音楽事業統括部チーフ・プロデューサーに就任。2019年9月末同社を独立の為退社。2020年1月株式会社Precious toneを設立。

<音楽監督 印南俊太朗>
幼少よりクラシックギタリストの父の影響を受け音楽を始める。学生の頃にピアノ、ギター、ベース、声楽を始め大学ではドラムを専攻。女優である菊地凛子とのバンドを経て、作曲家、音楽監督として活動中。映画や2.5次元、生演奏ミュージカルなど多岐に渡る作曲を続けている。
《主な作品》
2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージシリーズ
2.5次元ダンスライブ「ALIVE」ステージシリーズ
生演奏ミュージカル 「信長の野望」〜炎舞〜

<キービジュアルデザイン 澤島大賀(WHITE Phat Graphics)>
グラフィックデザイナー。1998年生まれ、東京都出身。目黒学院高等学校卒業後、東京モード学園入学。在学中にお台場夢大陸×TGC、損保ジャパン日本興亜など企業との産学連携にて多数受賞。卒業後、WHITE Phat Graphics入社。石川さゆりやハロプロ等多数のアーティストのデザインに携わる。国内のみならずEXID等の海外アーティストのデザインにも携わり、演歌からJ-POP、K-POPまで幅広く手掛ける。また、ミュージカル『BOY FROM OZ』をはじめハロプロアーティストのコンサート、その他多数の舞台やコンサートのヴィジュアルからロゴ、クッズデザインにも携わり、政治家の選挙ポスターやリーフレット、量販店の食品パッケージ等多方面でも活動中。

<幽玄朗読舞「KANAWA」エンディングテーマ>
Sarah L-ee「鏡」
Sarah L-ee カナダ出身。現在、愛知を拠点に活動。3ヶ国語(英語、韓国語、日本語)をベースに、自ら作詞作曲を手がけている。英語と日本語を織り交ぜた楽曲を制作。6枚目のシングル「リトルクリープ」発売中。
ジャンル:R&B、ヒップホップ、ポップ、ファンク、ジャズ
オフィシャルサイトはコチラ へ!

素敵なコラボですね(≧▽≦)b



鏡
東京音協
2021-07-21



Mirror
東京音協
2021-07-21