ティザービジュアル


この記事の内容は?
●『逆転世界ノ電池少女』から追加キャラクター&キャストが発表された
●東雲アカツキ役に寺島拓篤さん、真神ハヤテ役に日高里菜さんら
●キャラクター紹介文もあわせて掲載

10月よりスタートするアニメ『逆転世界ノ電池少女』から追加キャラクター&キャスト情報が公開された。既報の4人のほかに、東雲アカツキ役に寺島拓篤さん、真神ハヤテ役に日高里菜さんらの名前が並ぶ。詳細は下記にまとめておいたので見て欲しい。


【既報のキャラクター&キャスト】
久導細道:山下誠一郎
赤城りん:ファイルーズあい
蒼葉夕紀:鈴木愛奈
黒木ミサ:井澤詩織

【追加キャラクター&キャスト】
東雲アカツキ:寺島拓篤
真神ハヤテ:日高里菜
佐斯神ムサシ:藤井ゆきよ
神水流ヤクモ:下地紫野
バルザック山田:杉田智和
神楽坂ミミ:豊崎愛生
宗方安寿:福地教光
鵜飼:松田健一郎
メガネ:水島大宙
キャップ:葉山翔太
ポチャ:金子隼人
田中ナスターシャ:???

また、それぞれのキャラクター紹介文もあわせて紹介しておこう。

東雲アカツキ(しののめ あかつき)
CV:寺島拓篤

東雲アカツキ

真誅軍大佐。
真国からは優秀な軍人として幻国に派遣され、部下からの信頼も厚い。彼自身は軟弱になってしまった幻国の日本国民を救いたい、両国を統一したいという理想を掲げ、活動している。夢想主義者への敵意をいだきつつ、幻国の文化にも興味がないわけではない。

真神ハヤテ(まかみ はやて)
CV:日高里菜

真神ハヤテ

真誅軍将校武家の出で、武士の精神を重んじる。
その真面目さが時には隙になってしまうこともある。アカツキには忠誠を誓っているが、乙女心ながら軍人以外の感情も含んでいるようだ。命令には従順だが、思い込みで独断専行してしまうこともあり、なかなかブレーキが効かない。

佐斯神ムサシ(さしがみ むさし)
CV:藤井ゆきよ

佐斯神ムサシ

大貴族の娘。
家柄としても軍人としての才能にも全てに恵まれているが、本人はサディスティックな性格。アカツキの命令すら聞かず単独で戦闘に向かうなど、軍人というより戦闘狂な一面がある。

神水流ヤクモ(かみずる やくも)
CV:下地紫野

神水流ヤクモ

陰陽師の血を引く真誅軍のメカニック担当。
呪術的な分野や、地脈を読む能力に秀でているだけでなく、科学分野の才能も抜群。真誅軍の伽藍の開発も担っている。ハレンチな幻国の文化は苦手。

バルザック山田(ばるざっく やまだ)
CV:杉田智和

バルザック山田

レジスタンス勢力「アラハバキ」の司令官。
常にサングラスをかけ、ハイテンションで冷静沈着とはいえない。オタク知識で司令官のように振る舞っているだけな気も…。細道からは変人扱いされている。

神楽坂ミミ(かぐらざか みみ)
CV:豊崎愛生

神楽坂ミミ

アラハバキの技術担当。
ガランドールのメンテナンスや新規開発、電池少女たちのケアも担う、頼れるお姉さん。バルザックとは腐れ縁なのか、過去になにかあったようだ。彼女もまた何かのオタクのようであるが黒歴史トップシークレットになっている。

宗方安寿(むなかた あんじゅ)
CV:福地教光

宗方安寿

細道の身元引受人。
ことあるごとに細道から借金返済をせまり、アラハバキに参加することになったのもパイロットとして細道に支払われる金が目当て。金さえ入ればあとはどうなってもかまわない汚い大人。

鵜飼(うかい)
CV:松田健一郎

鵜飼
レアなオタクアイテムの調達から、電池少女の捜索まで全てをこなす、自称「プロ」。いかつい見た目と裏腹に、アラハバキに所属している以上、彼もまた生粋のオタクだ。

メガネ CV:水島大宙
キャップ CV: 葉山翔太
ポチャ CV:金子隼人

メガネ(左)_キャップ(中央)_ポチャ(右)
アラハバキに所属する、オタクメカニックたち。
電池少女たちのファンでもある。
細道のことを、リア充気質の「ホスト」という出自と、電池少女とマッチングできることから目の敵にしている。

田中ナスターシャ(たなか なすたーしゃ)
CV:???

田中ナスターシャ

常にきぐるみを着ていて正体は謎。どこからともなく現れ、伝達はバルザックに耳打ちで伝えられる。協力者には現金提供を惜しまないがその資金源も謎…。

ちなみに追加キャストからのコメントも下記URLから確認が可能。
https://denchi-project.com/special-cmt-cast.html


●公式サイト
https://denchi-project.com/

●公式Twitter
@denchi_project
#電池少女

(C)伽藍堂/「逆転世界ノ電池少女」製作委員会


追加発表のキャストも豪華絢爛! 10月の放送開始が待ち遠しい!