00


まとめると!
●TVアニメ『殺し愛』堀内賢雄&天﨑滉平オフィシャルインタビュー#5公開!
●第5話事件ファイル公開!
●2022年1月12日(水)よりTOKYO MX、サンテレビ、KBS京都ほかにて放送中!dアニメストアにて地上波先行・単独最速配信!

殺し屋たちが織りなす歪なサスペンスを描いた大人気コミックス『殺し愛』(著:Fe)。「月刊コミックジーン」で好評連載中の本作は、現在コミックスが⑪巻まで刊行され、累計発行部数は75万部を突破(2021年12月現在の電子DL数を含む)。さらに、ドラマCD化に続き、2022年1月12日よりTVアニメも放送中。

今回、堀内賢雄&天﨑滉平のオフィシャルインタビューが公開された、第5話の魅力を二人のキャストが語りつくす内容となっている。またさらに、第5話事件ファイルも公開。本編で起こった事件の情報などが記載されている。視聴後に楽しもう。

▼オフィシャルリレーインタビュー#5 下野紘&前野智昭

社長とジムが掛け合うシーンは、『殺し愛』のリラックスタイム

00

――最初に作品に触れたときの感触はいかがでしたか?

堀内賢雄さん(以下、堀内):タイトルと設定を聞いて、殺し屋同士の恋愛模様を描く作品なのかなと思ったんです。実際はリャンハの一方的な愛でしたが(笑)、二人の恋愛がどういう形で成就していくのかがとても楽しみでした。殺し屋同士というミステリアスな設定から、二人の間にはいろいろな障壁があるだろうと想定できますからね。自分が出演する作品でありながら、ずっとワクワクしていました。

天﨑滉平さん(以下、天﨑):僕もまず『殺し愛』というタイトルを聞いて「お、なんだろう?」と不思議な感じがしたんです。最初は口頭で聞いたので、殺し合うほうなのかなと思ってしまって。

――「殺し合い」だと。

天﨑:そうです。でも、「殺し」と「愛」という対極にありそうなものがタイトルになっていて。一体、それがどう交わっていくのかが楽しみになりました。実際に原作を読ませていただくと、二人の想いが愛なのか愛ではないのかというミステリアスな部分も楽しむことができて、アフレコが待ち遠しかったです。

――お二人から見た社長の第一印象についても聞かせてください。

堀内:僕はもうちょっとコミカルなタイプの役だと思ったんですよ。

天﨑:わかります!

堀内:彼は組織の中で社長という立ち位置にあり、仕事にも忠実。それにくわえて、シャトーの過去を知っているキーパーソンで、いろいろなことに気を遣いながら生きている。つまり、かなり真面目な人なんです。先のことを考えながら物事を進められる几帳面さがあるし、正義感にも溢れていますから。描かれ方はとてもナイーブですが、芯をしっかり持っている人だなと感じました。

天﨑:社長はシリアスとコミカルのバランスが絶妙ですよね。見ていてとても楽しいです。

堀内:そうそう、一見するとコミカルで、軽くて、ちょっとダメなところがある(笑)。でも、心の奥底に人としての強さがちゃんとある人なんです。

天﨑:しかも、すごく優しいんですよ。シャトーさんとの会話を聞いていると、言葉から優しさを感じるというか。賞金首を狙う組織のボスというと怖いものだと思ってしまいますが、社長からは人情が感じられて、この人は根っからのいい人なんだなと伝わってきます。

堀内:先生(原作者:Fe)のすごさを感じますね。いわゆる殺し屋と聞くとコワモテで、尊大で……といった常識をことごとく打ち破っている。この作品には、隙だらけに見えるのに実は強さを隠し持っているみたいなキャラクターがたくさんいますよね。それが『殺し愛』の魅力だと思います。

――そして、社長は25歳という設定です。

堀内:第1話のアフレコで先生から教えていただきました。「それじゃ僕、無理かもしれない」と言ったんですよ。そしたらね、「社長は人生経験もあるし、老けて見られるし、声も見た目通りだから大丈夫です」って。何が大丈夫なんだと(笑)。

一同:(笑)

天﨑:経験というところが大きいんだと思います!

堀内:でもね、それほど役を作るわけでもなく、意外と意識せずできるんです。確かにこういう組織の社長であれば人生経験もあるし、その意味では25歳でこの声もありなのかなと思いました。

――では、天﨑さん演じるジムについてはいかがでしょうか?

天﨑:オーディションのときから思っていたのですが、とにかくいい子。社長にツッコミを入れたり、定時にそそくさと帰ったりと、意外とドライな子かなと思いきや、シャトーさんが困っていれば助けますし、なんだかんだ言いつつも社長のことをちゃんと信頼しているんです。きっと優しい子なんだろうな、と。 この先お酒を飲む描写も出てくるので、「いいお兄さん」な感じもありますが、 、かわいらしいので、つい幼く見てしまいます。

堀内:ハッキリとモノを言えるところが素敵ですね。それでも、しっかり仕事をこなしているから組織の一員としてちゃんと認められている。すごくいい立ち位置だなと思います。ただ、とにかく謎だらけ。原作でもこれまでの人生とか出自とか全然語られてないんでしょ?

天﨑:そうですね。

堀内:謎だらけジム君ですが、この先もリッツランサポート商会の一員としてきっと活躍してくれるんだろうなと期待しています。

――役作りではどんなことを意識されていますか?

堀内:最初、コミカルに作ってしまったというズレがあったので、台本以上のことはしないようにしています。台本にそう書かれていれば自然とコミカルになりますし、こちらからあえてあざとくコミカルにする必要はないんです。台本に合わせてリアルに喋っていけば、僕の人生経験とうまくマッチしてくれるだろうという感覚でやっています。

天﨑:ジムはやはりアクセントですね。お芝居というものに答えはありませんが、ジムのアクセントはそれ以上に答えがないんです。第1話もかなり悩みながら臨みました。「もう少しカタコトでいいですか」とディレクションをいただいたので、最初の想定よりはかなり濃いカタコトになったと思います。

――ジムのアクセントは本当に独特ですよね。何かコツのようなものはあるんですか?

天﨑:台本のセリフは漢字とカタカナで表現されているので、漢字の部分は他の言葉に聞こえないようわかりやすく喋るようにしています。それから、海外から来た方はいろいろな方言を聞かれていて、どれが正解かわからないまま話されていることがありますよね? たまに関西弁が混じってしまう、みたいなことが。僕も関西出身なので、たまに関西弁を入れて意識的にアクセントをごちゃ混ぜにしています。

――ジムは放送されたばかりの第5話で、負傷したシャトーとリャンハを闇医者のところへ運ぶという役割がありました。

天﨑:シャトーを助けるという行為も素敵ですが、何より偉いと思ったのがちゃんと社長に報告しているところですね。シャトーとしては絶対に隠したい、でもジムは心配だからこそ連絡するんです。自分に迷惑がかからなければ勝手にやってくれというスタンスではなく、本当にシャトーを心配しているんだろうなと感じました。

――一方、社長はシャトーに謝罪されて、逆に困惑していましたよね。

堀内:向こうが頭を下げると、「いやいやそこまでしなくても」と困惑してしまう人なんでしょうね。ちょっと反省してくれればいいから、と。そういうところからも人のよさが伝わってきます。

天﨑:社長が言いすぎちゃったような雰囲気になっていました。

堀内:俺にそっくりだな。

一同:(笑)

――第5話以外で印象に残っているシーンはありますか?


天﨑:第1話のクリスマスが楽しかったです。

堀内:楽しかったね。

天﨑:シリアスなシーンが続いていたので、二人の掛け合いがちょっとしたリラックスタイムになっていて、ホッとできました。今後、さらにシリアスになっていくと思うので、なかなか難しいとは思いますが、ジムと社長の掛け合いが少しでもあると嬉しいです。

堀内:社長とジムが二人でいるシーンは、なんだか楽しくなりますね。「この会社、上下関係あるの?」って、ツッコミを入れたくなります。

天﨑:ジムが辛辣ですよね。

堀内:だからこそ、この会社はうまくいってるのかもしれない。

天﨑:社長の懐の深さのおかげですね。

▼第5話事件ファイル公開!
本編で起こった事件の情報などが記載されている。
FILE 05 REAL FACEはコチラ へ!

■予約キャンペーン
キャンペーン期間中にBlu-ray、またはDVD Vol.Iを予約すると、アニメキービジュアル入りの特別なB5カードをプレゼント。

00 (1)


キャンペーン対象店舗:アニメイト池袋本店、アニメイト通販
キャンペーン期間中~2月28日(月)
キャンペーン対象商品:
殺し愛 Vol.I【Blu-ray】(KAXA-8271)
殺し愛 Vol.I【DVD】(KABA-11141)
特典引換期間:4月26日(火)~5月3日(火・祝)
※施策に関わる施策に関わる特典は全て第三者への譲渡・オークション等の転売は禁止とさせていただきます。
※ご予約、特典付与のオペレーション詳細は開催店舗に直接お問い合わせ下さい。

<作品情報>
TVアニメ『殺し愛』

00 (2)


放送・配信情報
2022年1月12日(水)より TOKYO MX、サンテレビ、KBS 京都ほかにて放送中!
dアニメストアにて地上波先行・単独最速配信!

TOKYO MX:1月12日より 毎週水曜 24:00~
サンテレビ:1月13日より 毎週木曜 24:00~
KBS 京都:1月13日より 毎週木曜 25:00~
BS 日テレ:1月12日より 毎週水曜 24:00~
AT-X:1月13日より 毎週木曜 22:30~ ※リピート放送:(月)10:30/(水)16:30

<配信情報>
dアニメストア:1月12日より毎週水曜 23:30~
その他サイトも順次配信予定

※放送・配信日時は番組編成の都合等により変更となる場合がございます。

INTRODUCTION
とある「仕事場」で対峙する2人の殺し屋。クールな賞金稼ぎの女・シャトーと謎多き最強の男・リャンハ。

シャトーはこの交戦をきっかけにリャンハと敵対――するはずが、なぜか彼に気に入られ、つきまとわれることに。

彼女はなし崩し的にリャンハと協力関係を結んでしまうが、彼を狙う組織との抗争に巻き込まれていく。さらにその戦いは、彼女の過去とも関係しているのだった。

リャンハはなぜシャトーに接近するのか。シャトーに秘められた過去とは。相性最悪の2人が織りなす、「殺し屋×殺し屋」の歪なサスペンス。奇妙な運命の歯車がいま動き出す。

STAFF
原作:Fe(月刊コミックジーン/KADOKAWA 刊)
監督:大庭秀昭
シリーズ構成・脚本:久尾 歩
キャラクターデザイン:佐藤陽子
サブキャラクターデザイン:小林利充
総作画監督:佐藤陽子・小林利充
アクション作画監督:才木康寛
3D・プロップデザイン:杉村友和
美術監督:黛 昌樹
色彩設計:山上愛子
撮影監督:伏原あかね
編集:木村佳史子
音響監督:髙桑 一
音響効果:和田俊也
音響制作:ビットグルーヴプロモーション
音楽:吉川 慶
音楽制作:TOY'S FACTORY
音楽制作協力:ミラクル・バス
アニメーション制作:プラチナビジョン
製作:殺し愛製作委員会

オープニングテーマ:増田俊樹「Midnight Dancer」
エンディングテーマ:小林愛香「マコトピリオド」

CAST
シャトー・ダンクワース:大西沙織
ソン・リャンハ:下野紘
エウリペデス・リッツラン:堀内賢雄
ジム:天﨑滉平
ホー:前野智昭
ジノン:村瀬歩
ニッカ:森田成一
ミファ:日笠陽子
ドニー:大塚芳忠

<原作コミック情報>
『殺し愛』1~11巻好評発売中!
著:Fe(月刊コミックジーン/KADOKAWA 刊)
詳しくはコチラ へ!

公式サイト
公式Twitter
©2022 Fe/KADOKAWA/殺し愛製作委員会

リラックスは大事ですね(^o^)丿