00 (1)


まとめると!
●マジカル学園ロマンス『紅茶王子』2022年9月に朗読劇が上演決定!
●人気声優×宝塚OGで織りなす『紅茶王子』の世界!
●山田南平先生描き下ろし、イラストビジュアルなど一挙解禁!

人気声優×宝塚OG で織りなす『紅茶王子』の世界。
山田南平先生描き下ろし、イラストビジュアルなど一挙解禁!


大人気少女漫画「紅茶王子」を原作とした、朗読劇「-The Super Reading Show- 紅茶王子」が、2022年9月日本青年館ホールにて上演されることが決定した!

00 (1)

『 満月の夜、紅茶に映した月をスプーンでそっと崩してひとくち飲むと、
紅茶の精が現れ、願いごとを叶えてくれる――。 』


‘96年に「花とゆめ」(白泉社)で連載がスタートして以来、多くの読者たちの心を虜にしてきた大人気作品『紅茶王子』。
お茶会同好会に所属する「奈子(たいこ)」と、紅茶の世界の王子「アッサム」を中心に繰り広げられる眩しくも切ないストーリーに、胸をときめかせながら読み進めていた読者も多いはず。

そんな『紅茶王子』が20年近くのときを経て、朗読劇となって豪華キャストで蘇る。

アッサム役には、アニメ「黒執事」セバスチャン・ミカエリス役、アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズでは空条承太郎役など人気作品の主役を数多く演じている人気声優の小野大輔。

アールグレイ役には、宝塚歌劇団星組男役スターとして活躍し、退団後は俳優だけでなく、声優、アーティストなど多方面で活躍中の七海ひろき。

セイロン役には、「ヴィジュアルプリズン」結希アンジュ役、「86-エイティシックス-」シンエイ・ノウゼン役など、今最も勢いのある若手実力派声優の千葉翔也。

本作のヒロイン、吉岡奈子役には、宝塚歌劇団では花組トップ娘役として活躍、退団後は舞台だけでなく「ZIP!」のリポーターを務めるなど幅広く活動中の花乃まりあ。

染谷雪子役には、宝塚歌劇団では星組・月組にて数々のヒロインを務め、退団後は俳優として舞台・テレビで活動中の早乙女わかば。

葉桜菊花役には、宝塚歌劇団では宙組にて数々のヒロインを務め、退団後は女優・モデルにとどまらず、自身がデザインから手がけるアクセサリー製作などマルチに活動中の伶美うらら。

内山美佳役には、 舞台俳優として活躍し、最近ではアニメ「ハイキュー‼ TO THE TOP」宮 治役、「ドリフェス!」 黒石勇人役など声優の方にも活動の場を広げている株元英彰。

さらに、宝塚歌劇団での経験を経て、ミュージカル『黒執事-Tango on the Campania-』など数々の人気舞台を手掛ける児玉明子が初めての朗読劇に挑戦。
原作の世界観そのままに、優雅な『紅茶王子』の世界を演出する。

00 (3)

また、上演決定にあたり、イラストを描き下ろしてくださった、原作の山田南平先生からもコメントが到着!

◆原作:山田南平先生コメント
「26年も前の作品を扱ってもらえるとは、びっくりですよね。私もびっくりしましたし、同時にありがたいことだなとも思いました。
『紅茶王子』のドラマCDは新旧2シリーズも作ってもらっていましたが舞台(朗読劇)化は初で、しかもキャスティングなどすべてお任せなのも初めてなので、私自身もわくわくしています。
原作シーンのカットの一部を私が描き下ろす予定もあるので、昔読んでくださっていた読者さんにも楽しんで頂けたらいいなと思います。」

人気声優と宝塚OGという異色のキャストが誘う、上品で華やかな「紅茶王子」の世界をぜひ劇場で楽しもう。

<公演概要>
「-The Super Reading Show- 紅茶王子」

【公演日程・会場】
2022年9月24日(土)~2022年9月25日(日)/ 日本青年館ホール

【原作】
山田南平「紅茶王子」(白泉社刊)
【脚本・演出】
児玉明子

【出演】
アッサム:小野大輔
アールグレイ:七海ひろき
セイロン:千葉翔也
吉岡奈子:花乃まりあ
染谷雪子:早乙女わかば
葉桜菊花:伶美うらら
内山美佳:株元英彰

【チケット】
全席指定/パンフレット付:11,800円(税込)
全席指定:9,800円(税込)
【出演者先行】
2022年6月24日(金)17:00~7月10日(日)23:59
【本誌(「MELODY」)先行】
2022年6月28日(火)12:00~7月10日(日)23:59

【チケット・公演に関するお問い合わせ】
Mitt 03-6265-3201(平日12:00~17:00)

【SNS】
公式サイト
公式Twitter

主催:朗読劇「紅茶王子」制作委員会

<Introduction>

00 (2)

満月の夜、お茶会同好会の吉岡奈子(たいこ)、染谷雪子、内山美佳(はるか)の3人は、学校の屋上でお茶会を開いていた。とある紅茶のおまじないをすると、カップの中から小さな紅茶の精『紅茶王子』のアッサムとアールグレイが現れる。
彼らの使命は、自分を呼び出した主人の願いを3つ叶えること。
突如現れた紅茶王子とともに、同好会存続のため奔走する3人だったが生徒会長の葉桜菊花が立ちふさがる!
さらには3人目の紅茶王子、セイロンも現れて…?!

個性豊かな紅茶王子たちと過ごしたあの学園ファンタジーが、約20年の時を超えて今蘇る。
癒やしの『ティータイム』をぜひご堪能ください。

<『紅茶王子』とは>
『紅茶王子』(こうちゃおうじ)は、山田南平先生による日本の漫画作品。1996年~2004年まで『花とゆめ』(白泉社)にて連載。単行本は全25巻。番外編には『紅茶王子の姫君』 (全1巻)、『桜の花の紅茶王子』(全13巻)がある 。

©山田南平・白泉社/朗読劇「紅茶王子」製作委員会

すごい!宝塚ファンにもたまらないですね(^o^)丿