00 (1)


まとめると!
●永塚拓馬・工藤晴香・森久保祥太郎・速水奨ほか豪華声優陣が参加する江戸川乱歩音楽朗読劇『幻燈の獏』
●8月13日・14日の上演に先駆け、本番衣装を着た16名によるキービジュアルが解禁!
●バンドネオンの生演奏にのせてキャラクター達が圧倒的台詞量で躍動する、江戸川乱歩アベンジャーズ

アメツチ主催、江戸川乱歩の世界 朗読劇『幻燈の獏』が2022年8月13日(土)、14日(日)に内幸町のイイノホールにて上演される。江戸川乱歩作品をモチーフにしたオリジナルストーリーを生演奏で盛り上げる音楽朗読劇「乱歩群読」シリーズ。キャストは日替わりで、その日だけしか見られない9人の豪華キャストと5人のアンサンブルが膨大な台詞を掛け合う贅沢な情報量が魅力。チケットはイープラスなどで一般販売中。

本作は2016年に細川博司が演出・脚本で人気を博した「幻燈の獏」を朗読劇用に再構築した作品。昭和初期の満州映画製作所を舞台に甘粕正彦や李香蘭たち実在の人物と、怪人二十面相や黒蜥蜴など江戸川乱歩作品のキャラクターが登場する江戸川乱歩アベンジャーズと言える作品で、劇中にも江戸川乱歩作品にまつわる言葉が飛び交うが、原作を知らない乱歩初心者にとっても楽しめるオリジナルストーリーになっている。

演劇プロジェクト・アメツチの安藤匠郎がプロデュース、演出は演劇版同様細川博司が担当。音楽は世界観に最も合うとして選ばれた「悪魔の楽器」と称されるバンドネオンを使用。バンドネオン奏者の仁詩 Hitoshiが、ギター・キーボード・パーカッションと共に生演奏で物語を優雅に妖しく演出。

出演は13日公演の出演者には永塚拓馬、神尾晋一郎、木島隆一、小清水亜美、椎名へきる、鈴木崚汰、佐藤日向、大地葉、速水奨。14日公演の出演者には工藤晴香、廣瀬大介、森久保祥太郎、茜屋日海夏、椎名へきる、今井文也、鷲見友美ジェナ、佐藤元、速水奨と、レジェンドから注目の若手まで隙のない声優陣が名を連ねた。

【あらすじ】

00 (3)

1940年冬。自称脚本家・神田は満州映画製作所の理事に就任した元陸軍憲兵大尉・甘粕正彦を追って単身、満州へ渡る。
満州映画製作所は、李香蘭が出演する新作映画「怪人二十面相」の製作発表で熱気に包まれていた。
そんな中、一つの殺人事件がおこる。
傍らには「二十面相参上」とかかれた紙片。
神田はシャオリンら撮影所で働く少年達と共に事件を追うことになる…

[出演]

00 (1)

13日
永塚拓馬
神尾晋一郎
木島隆一
小清水亜美
鈴木崚汰
佐藤日向
大地葉

14日
工藤晴香
廣瀬大介
森久保祥太郎
茜屋日海夏
今井文也
鷲見友美ジェナ
佐藤元

※速水奨・椎名へきるは両日出演

出演者コメント
シャオリン役(13日)永塚拓馬

舞台は昭和初期。世界は謎に溢れ、未熟で。しかし、成長と熱気。何より浪漫に溢れた時代です。そんな世界を燃えるように生きるキャラクター達。大先輩の力を借りつつ、全力で演じさせていただきます!よろしくお願いいたします!
00 (2)


00 (5)

00 (6)

00 (7)

00 (8)

00 (9)

00 (10)

00 (11)


[公演概要]
江戸川乱歩の世界 朗読劇「幻燈の獏」
演出・脚本:細川博司
プロデュース:安藤匠郎

製作:アメツチ
主催:アメツチ / イマシブ

【上演スケジュール】2022年8月13日,14日 ※キャストは日替わりになります
8月13日(土)12:00 / 16:00
8月14日(日)12:00 / 16:00

【劇場】イイノホール 東京都千代田区内幸町2-1-1
【チケット】(全席指定・税込)8,500円
【チケット取扱】
ローソン 販売サイト
Lコード:32112
ぴあ 販売サイト
Pコード:513074
イープラス 販売サイト

公式サイト
公式Twitter
【公演に関するにお問い合わせ】stage_info@ametsuchi-stage.com

アメツチについて
2019年にプロデューサーの安藤匠郎と演出家の山田英真により結成。
ライブ感と登場人物が舞台上で生きていることを最重要視し、3DCGなど映像を駆使した演出を特徴としながらも、技術の新旧に拘らず「生」の物語を演出する上での最適解を模索する”マルチモーダルエンターテイメント”を掲げている。クリエイティブ面では脚本・演出など舞台上のほぼ全てを山田が担当し、スポークスマン的役割、アートディレクションなどの舞台外のほぼ全てを安藤が担当する事が多い。

アメツチ公式ウェブサイト

00 (1)


みなさんカッコイイですね!!!