00 (2)


まとめると!
●でんでん、上國料萌衣 アニメ声優初挑戦!『カメの甲羅はあばら骨』追加キャスト発表!
●江口拓也・野津山幸宏・森本晋太郎(トンツカタン)も出演決定!
●ティザービジュアル、キャストコメント&好きな骨を発表!

動物たちの体のしくみが、人間の体を変形させることでよくわかる動物図鑑『カメの甲羅はあばら骨』。インパクト抜群な動物人間たちは話題を呼び、図鑑ジャンルで異色のヒットとなった本作が、動物園でもアマゾンでもなく “ごくごく普通”の高校を舞台に映画化、10月28日(金)に劇場公開。

00 (2)

主人公・カメ田カメ郎役に清水尋也、クラスメイトのカエル川エル隆役に磯村勇斗。若手実力派の二人が、骨個性豊かなキャラクターたちに命を吹き込む。

今回、ベテラン俳優のでんでんとハロー!プロジェクトのアイドルグループ・アンジュルムの上國料萌衣の出演が決定。でんでんは担任教師・ウサギ林ウサ蔵、上國料は、学校のマドンナ・フラミンゴ塚フラ美を演じる。二人はアニメ声優初挑戦だ。さらに、学園のスーパースター・ライオン寺ライ王役に江口拓也、キリン沢リン太郎役に野津山幸宏、ウマ渡ウマ龍馬役に森本晋太郎(トンツカタン)の出演も決定した。

00 (1)

キャストたちのコメントと好きな骨が到着!

00 (1)

でんでん(ウサギ林ウサ蔵 役)
大仕事をやり遂げたという充実感でいっぱいです(笑)。こういったアフレコの仕事は初挑戦だったので、実写の時にも心掛けているんですが、「力まずに、力まずに」と気にしながらやりました。監督からもちょうどいいアドバイスをいただいて、出来上がりが楽しみです。

【好きな骨「全部」】
この歳になると骨は全部好きです。

【プロフィール】
福岡県出身。主な作品に映画『クライマーズハイ』(08/原田眞人監督)、『蟹工船』(09/SABU 監督)、『悪人』(10/李相日監督)、ドラマ『緊急取調室』(14~21/EX)、「24 JAPAN」(20/EX)など。また 2011 年『冷たい熱帯魚』(園子温監督)では第 35 回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を始めその年の賞を総なめした。公開待機作に『アイ・アム まきもと』(22/水田伸生監督)『仕掛人・藤枝梅安 第一作』(23/河毛俊作監督)などがある。

00 (4)

上國料萌衣(フラミンゴ塚フラ美 役)
声のお仕事をしたことがなかったので、自分にできるかなって最初は不安だったんですけど、監督にアドバイスをいただきながら徐々にペースも掴めてきて、楽しんで収録できました。

シュールな面白さがあって楽しめる内容ですし、動物や骨の勉強にもなると思うので、楽しんで観ていただけたらと思います!

【好きな骨「小指の第二関節の骨」】
中学生の時にバスケで突き指をして以来、ちょっと歪んでいて、見るたびにその頃の思い出が蘇るから。

【プロフィール】
熊本県出身。2015年、ハロー!プロジェクトのグループ「アンジュルム」に加入する。音楽活動のほかに、2019年からファッション誌「bis」のレギュラーモデルを務めるなど、様々な雑誌にモデルとして出演。最近ではバラエティ番組やドラマに初挑戦するなど、活躍の幅を広げている。

00 (3)

江口拓也(ライオン寺ライ王 役)
あの図鑑がまさかあのようなハートフルな物語になるとは、、、!

複雑な人間模様(?)の中に、最後は心温まるストーリーになっております。

謎の感動を是非ご体感ください。

【好きな骨「恥骨」】
恥骨、ですね、、、恥ずかしがらないでって思います。

【プロフィール】
茨城県出身。2007年、第1回 81オーディションに合格、翌 2008年に声優デビュー。2012年、第6回 声優アワードにて新人男優賞を受賞。声優のほかに、歌手活動も精力的に行っている。主な出演作に、アニメ「SPY×FAMILY」(ロイド・フォージャー)をはじめ、「アイドリッシュセブン」(六弥ナギ)、「東京リベンジャーズ」(半間修二)など。

00 (5)

野津山幸宏(キリン沢リン太郎 役)
最初聞いた時、「なんて...インパクトの強い骨太なタイトルなんだ...。」って思いました。

アフレコも粉骨砕身の思いで務めさせていただきました。皆さんも是非、映画館に足を運んでいただいて、骨の髄まで!余すところ無く!楽しんで下さいっ!!

【好きな骨「鎖骨」】
僕自身、鎖骨の綺麗さには自信があります!根拠は...ありません......!!

【プロフィール】
大阪府出身。2019年、第13回 声優アワードにて、『ヒプノシスマイク』として歌唱賞を受賞。主な出演作に、アニメ「東京リベンジャーズ」(林良平)、「ヒプノシスマイク」(有栖川帝統)、「ガンダムブレイカー バトローグ」(ナギツシ・タクマ)、吹替「スーパーマン&ロイス」(ジョナサン・ケント)、「ファインド・ミー」(ヘンリー・デュケ)など。

00 (2)

森本晋太郎/トンツカタン(ウマ渡ウマ龍馬 役)
原作の存在は知っていて、ぶっとんでて面白いコンセプトの本だなーと思っていたのですが、それがなんと今回映画化すると聞いて素直に「あ、常軌を逸してるな」と驚愕しました。

個性豊かすぎるキャラクターたちは見れば見るほど愛着が湧いてくるのでぜひみなさんもスクリーンを通して虜になっていただければなと思います!

【好きな骨】
そんなんないわ!!なんだこの質問!!

【プロフィール】
東京都出身。お笑いトリオ『トンツカタン』のツッコミ担当。2012年に所属事務所プロダクション人力舎の養成所にてトリオを結成・デビュー。2016年「お笑いハーベスト大賞」優勝の他、各賞レースで決勝進出するなど、トリオとしてのネタの評価も高い。一方、個人でも音楽番組、ラジオ、配信など幅広く活動している。10個をこえるYouTubeを持つ。

キャラクター紹介!

00 (1)
フラミンゴ塚フラ美(CV:上國料萌衣/アンジュルム)
恵まれた足を武器に読者モデルをしており、SNSフォロワーは8万人。学校のマドンナで、ライオン寺の恋人。高飛車な性格でスクールカースト上位に執着している。


00 (2)
キリン沢リン太郎(CV:野津山幸宏)
カメ田とカエル川の旧友。一直線に伸びる首のようにまっすぐな性格で、曲がったことが嫌い。とある事件をきっかけに高校を中退し、首も曲がりグレてしまう。


00 (3)
ライオン寺
ライ王

(CV:江口拓也)

ライオン寺グループの御曹司。運動神経・ビジュアル抜群のスクールカースト上位で生徒会?候補。発達した肩甲骨を生かして姿勢が低く、生徒からの好感度が高い。


00 (4)
ウマ渡ウマ龍馬(CV:森本晋太郎/トンツカタン)
カースト上位でも下位でもない生徒。足が速い。学内の噂の大体を握っている。


00 (5)
ウサギ林ウサ蔵(CV:でんでん)
カメ田たちの担任教師。情熱なく業務をそれなりにこなしている。大きな耳が特徴的で、人一倍音を良く拾う。


『カメの甲羅はあばら骨』
2022年10月28日(金)全国ロードショー
配給:イオンエンターテイメント、アスミック・エース
公式サイト
公式Twitter
©2022 カメの甲羅はあばら骨製作委員会 ©川崎悟司 / SB クリエイティブ

骨を学びたいですね(^o^)丿