00


まとめると!
●『冰剣の魔術師が世界を統べる』TVアニメがTBS、BS11にて2023年1月から放送開始!
●ティザービジュアル&ティザーPV公開!
●榎木淳弥らが演じるメインキャラクター情報公開!

2022年4月にTVアニメ化が発表された『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』(講談社ラノベ文庫にて小説、KCデラックスにてコミックス刊行中)。

TVアニメ放送情報を公開!
TBS、BS11にて2023年1月から放送開始。公式HP&公式Twitterもオープンした。

TVアニメ『冰剣の魔術師が世界を統べる』の主人公は、世界最強と謳われる“冰剣(ひょうけん)の魔術師”、レイ=ホワイト。強大すぎる自身の力に苦悩し、深い心の傷と共に戦場から姿を消したレイは、正体を隠して、エリート魔術師が集まるアーノルド魔術学院に入学。そこで貴族の魔術師から侮辱や差別の眼差しを向けられながらも、かけがえのない仲間たちと共に、数々の試練や陰謀に立ち向かうという学園ファンタジーだ。

TVアニメの本格始動にあわせて、氷に覆われた戦場を背景に、戦闘態勢のレイや彼の同級生、アメリア=ローズ、エリサ=グリフィスが描かれたティザービジュアルを公開。氷や魔法のエフェクトも散りばめられ、本作品の世界観が存分に感じられるビジュアルになっている。

00

あわせて、ティザーPVも同時公開された。ティザーPVは、レイと仲間たちの出会いやアーノルド魔術学院での生活、レイの凄絶な過去が垣間見られる内容になっている。さらに、若き魔術師たちに迫る敵の存在も示唆されており、世界最強と謳われる“冰剣(ひょうけん)の魔術師”がどのように試練に立ち向かっていくのか。彼の活躍に注目だ。

▼ティザーPV


00 (1)00 (2)
00 (3)00 (4)
00 (5)00 (6)

そして、メインキャラクター&キャスト情報も公開された。アーノルド魔術学院唯一の一般家庭出身(オーディナリー)の生徒で、その正体は世界最強と謳われる“冰剣(ひょうけん)の魔術師”、レイ=ホワイトを榎木淳弥さん。面倒見が良くさっぱりとした性格で、レイにも分け隔てなく接する三大貴族の令嬢、アメリア=ローズを佐伯伊織さん。気弱な性格ながら、生粋の魔術オタクで豊富な知識と高い実力を誇る小柄なハーフエルフの少女、エリサ=グリフィスを春村奈々さんがそれぞれ演じる。キャストコメントも到着した。

また、TVアニメ化を記念して、原作者:御子柴奈々先生からお祝いコメントが、原作イラストレーター:梱枝りこ先生、コミカライズ担当:佐々木宣人先生からお祝いイラストも。

公式Twitterでは、梱枝りこ先生、佐々木宣人先生のお祝いイラスト色紙、榎木淳弥さん、佐伯伊織さん、春村奈々さんの直筆サイン入り色紙が当たるキャンペーンを4日連続で開催。榎木淳弥さんのサイン入り色紙が当たるキャンペーン中。ぜひチェックしよう。

今後もTVアニメ『冰剣の魔術師が世界を統べる』の情報は公式HPや公式Twitterにて随時発表予定だ。

メインキャラクター&キャスト情報公開!

◆レイ=ホワイト/CV:榎木淳弥
00 (3)

【キャラクター紹介文】
世界中のエリート魔術師が集うアーノルド魔術学院の生徒で、学院内では唯一の一般家庭出身(オーディナリー)。そのため、貴族である他の生徒からは差別的な態度をとられている。その正体は、世界最強と謳われる“冰剣(ひょうけん)の魔術師”で、現在はとある理由により自身の魔力を抑え込んでいる。

【榎木淳弥コメント】
Q1.本作品の印象
世界最強の魔術師の一人でもある主人公のレイが、とてもカッコ良く描かれている作品です。ただ強いだけではなく、自分自身を見つめ直すストーリーでもあるので、心の葛藤も見どころだなと感じました。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
まだ年齢も若いのですが、戦場にでていた影響で人間的な感情を表現することが少ないので、ある種何も知らない赤子のようなまっさらな感じが印象深いです。

◆アメリア=ローズ/CV:佐伯伊織
00 (1)

【キャラクター紹介文】
レイと同じくアーノルド魔術学院の生徒で、三大貴族の1つであるローズ家の令嬢。面倒見が良くさっぱりとした性格。学院の差別的な貴族主義には辟易しており、レイにも分け隔てなく接する。高い魔術の素養を持ちつつも努力を怠らず、魔術の腕は学院で5本の指に入るほど。

【佐伯伊織コメント】
Q1.本作品の印象
主人公を中心に広がっていく友情がとても熱い作品だなと思いました。また魔術で戦う戦闘シーンもかっこよくて、それぞれが直向きに自分と向き合いながら成長していく姿が青春で素敵だと感じました。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
アメリアは優秀で隙がない完璧な女性です。皆が思い描く理想の人物でもありますが、彼女の芯の部分もしっかりと演じていきたいです。アメリアの良さを引き出せるよう精一杯頑張ります!

エリサ=グリフィス/CV:春村奈々
00 (2)

【キャラクター紹介文】
レイやアメリアと同じクラスになった小柄なハーフエルフの少女。気弱な性格で影が薄く、最初はレイですら存在に気がつかなかったほど。普段はハーフエルフの特徴である青い髪と長い耳をフードで隠している。生粋の魔術オタクであり、その知識量と腕前は学園内でも飛び抜けている。

【春村奈々コメント】
Q1.本作品の印象
主人公のレイ=ホワイト君が華麗な紳士っぷりで周りの人たちを魅了していくところが、見ていてとても気持ちが良いです!どのキャラクター達も、主人公が居てこそ士気が上がるような…ベースは王道でありつつ新しい要素もあり、原作のライトノベルをはじめ、コミカライズ、そしてアニメ、どれを見ても応援したくなってしまいます。

Q2. 演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み
エリサ=グリフィスちゃんは、性格が控えめで引っ込み思案で人見知りで…ですが大好きな物の話になると口が止まらなくて、また我に返ってもごもごして…というのが本当に可愛らしい女の子です。作中でも愛されキャラ(特にアメリアちゃんから)なので、アニメでも見ている方が守りたくなってしまうような雰囲気が出せていたら嬉しいです。

原作者関係者からお祝いコメント&お祝いイラストが到着!

【御子柴奈々先生お祝いコメント】
初めまして。原作者の御子柴奈々と申します。この度、『冰剣の魔術師が世界を統べる』がアニメ化されることになりました!これも読者の方々や、たくさんの人たちのサポートがあったからこそです。本当に応援ありがとうございます。現在鋭意製作中ですが、原作が好きな方も、漫画版が好きな方も、満足のいくものになると思います。是非、お楽しみにしていただければ幸いです!

【梱枝りこ先生お祝いイラスト】
00 (4)


【佐々木宣人先生お祝いイラスト】
00 (5)


<作品情報>
『冰剣の魔術師が世界を統べる』

【イントロダクション】
―――世界最強と謳われる“冰剣(ひょうけん)の魔術師”―――

その称号を受け継いだ少年・レイ=ホワイトは強大すぎる自身の力に苦悩し、
極東戦役を収めたのを最後に、深い心の傷と共に戦場から姿を消した……。

時は流れ、3年後。

世界中からエリート魔術師が集まるアーノルド魔術学院に入学したレイ。
学院始まって以来、初めての一般家庭出身(オーディナリー)である彼を待っていたのは、
貴族出身の魔術師からの侮辱と軽蔑の眼差し。
そして、学院で出会ったかけがのない仲間をも巻き込む数々の陰謀だった。

今、最強魔術師の友情と波乱に満ちた学園生活が幕を開ける。

【放送情報】
TBS、BS11にて2023年1月から放送開始

【キャスト情報】
レイ=ホワイト:榎木淳弥
アメリア=ローズ :佐伯伊織
エリサ=グリフィス :春村奈々

【スタッフ情報】
原作:御子柴奈々『冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する』(講談社ラノベ文庫刊)
キャラクター原案:梱枝りこ
漫画:佐々木宣人
監督・シリーズ構成・音響監督:たかたまさひろ
キャラクターデザイン:下島 誠
美術監督:小島あゆみ(スタジオリセス)
撮影監督:内田奈津美(アニモキャラメル)
音楽:斎木達彦、田渕夏海
アニメーション制作統括:横浜アニメーションラボ
アニメーション制作:クラウドハーツ

公式サイト
公式Twitter
©御子柴奈々・講談社/「冰剣の魔術師が世界を統べる」 製作委員会

【原作小説情報】
00 (6)

「冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する」
著:御子柴奈々/イラスト:梱枝りこ

第1巻~第5巻好評発売中!
第6巻は10月3日(月)発売!

【コミカライズ情報】
00 (7)

「冰剣の魔術師が世界を統べる 世界最強の魔術師である少年は、魔術学院に入学する」
漫画:佐々木宣人/原作:御子柴奈々/キャラクター原案:梱枝りこ

第1巻~第9巻好評発売中!
第10巻は10月7日(金)発売!

タイトルが長いけど、分かりやすいです(^o^)丿