新ビジュアルs


この記事の内容は?
●『薬屋のひとりごと』が10月より日本テレビ系にて放送開始
●最新ビジュアル&PV公開された
●猫猫役に悠木碧さん、壬氏役に大塚剛央さんらキャスト情報も解禁

後宮を舞台に「毒見役」の少女が、様々な難事件を解決するシリーズ累計2100万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメント『薬屋のひとりごと』が、10月より日本テレビ系にて全国放送&各種プラットフォームでの配信が決定した。

それにあわせて猫猫のまなざしが印象的な最新のキービジュアル、さらにティザーPVも公開。さらにキャスト情報も発表され、下働きをしている薬師の少女・猫猫を悠木碧さんが、美形の宦官・壬氏を演じるのは大塚剛央さんが演じる。

大塚剛央さんコメント
魅力的で個性豊かな登場人物たち、煌びやかな後宮で起こる様々な出来事が、どんな音や音楽がついてどのような色彩で描かれるのか、期待されている方も多くいらっしゃるかと思います。
既に作品をご存知の方、またこれから新しく出会う方に『薬屋のひとりごと』を楽しんでいただける、その一助となれるよう、精一杯、壬氏を演じさせていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。


『薬屋のひとりごと』ティザーPV視聴リンク



■『薬屋のひとりごと』作品概要

【イントロダクション】
後宮を舞台に「毒見役」の少女が、宮中で起こる様々な難事件を次々に解決する、シリーズ累計2100万部突破の大人気後宮謎解きエンタテインメントが待望のアニメ化!

【ストーリー】
大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。
名前は、猫猫(マオマオ)。
花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。

ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。
今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っているという話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。
呪いなどあるわけないと言わんばかりに。
美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。
人間には興味がないが、毒と薬への執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。
きれいな薔薇にはとげがある、女の園は毒だらけ、噂と陰謀事欠かず。
壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。
稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。


【放送情報】
2023年10月日本テレビ系にて全国放送
各種プラットフォームにて配信

【スタッフ】
原作:日向夏(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊)
キャラクター原案:しのとうこ
監督・シリーズ構成:長沼 範裕
副監督:筆坂 明規
キャラクターデザイン:中谷 友紀子
色彩設計:相田 美里
美術監督:高尾 克己
CGIディレクター:永井 有
撮影監督:石黒 留美
編集:今井 大介
音響監督:はた しょう二
音楽:神前 暁・Kevin Penkin・桶狭間 ありさ
アニメーション制作:TOHO animation STUDIO×OLM
製作:「薬屋のひとりごと」製作委員会


【キャスト】
猫猫:悠木碧
壬氏:大塚剛央


【WEB】
TVアニメ公式サイト
TVアニメ公式Twitter:@kusuriya_PR
(C)日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会


漫画を読んだときから楽しみにしていた作品です!早くアニメも見たい。



薬屋のひとりごと 1巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
しのとうこ
スクウェア・エニックス
2017-09-25


薬屋のひとりごと 11巻 (デジタル版ビッグガンガンコミックス)
しのとうこ
スクウェア・エニックス
2023-02-25