00 (3)


まとめると!
●「仮面ライダー555 ファイズ・リマインド Vol.1」オフィシャルレポートが到着!
●Vシネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』が2月2日(金)より期間限定上映!
●半田健人、芳賀優里亜が登壇!

Vシネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』が2月2日(金)より期間限定上映。『仮面ライダー555(ファイズ)』は2003年1月から2004年1月までテレビ朝日系列で放送されていた平成仮面ライダーシリーズ第4作。主人公の青年・乾 巧(半田健人)が特殊な変身ツール「ファイズギア」を持つ少女・園田真理(芳賀優里亜)に遭遇し、異形の怪人「オルフェノク」に襲われたことをきっかけに、仮面ライダーファイズとして戦う物語。従来のシリーズとは異なり、怪人側の苦悩を描くなど、単純な善悪二元論ではない群像劇が描かれ話題となった。そして今作は、TVシリーズ最終話から20年後を描く正統な続編となり、オリジナルキャストが集結。

今回、全国劇場上映&Blu-ray&DVD発売を記念し、『仮面ライダー555(ファイズ)』の主人公:乾 巧を演じた半田健人が、初のファイズイベント『仮面ライダー555 ファイズ・リマインド Vol.1』を2024年1月20日(土)に開催。スペシャルゲストとしてヒロイン・園田真理役の芳賀優里亜も迎え、TVシリーズ全50話の中から第1、2話をピックアップし生コメンタリーした。

■日時:1月20日(土)12:00~14:45
■場所:秋葉原 from Scratch
■登壇者:半田健人、芳賀優里亜

 主人公・乾 巧/仮面ライダーファイズを演じた半田健人が、初のファイズイベント『仮面ライダー555 ファイズ・リマインド Vol.1』を開催いたしました。
今回は初回ということもあり、ヒロイン・園田真理役の芳賀優里亜をゲストに迎え、第1話、第2話をストップモーションをかけながら生コメンタリーし、会場に集まった「555」のファンと一緒に作品を振り返りながら盛り上がりました。

登壇した半田はイベントはじめに「ようこそ、お越しくださいました。先日、新しい作品Vシネクスト『仮面ライダー555 20th パラダイス・リゲインド』の先行上映会もあり2024年は昨年に引き続き「555」を話題にして盛り上げるために僕にできることはないか考えました。「リマインド」には“再確認”の意味もあり一緒に再確認して、振り返っていけたらいいなと思っています。ここにいる人たちは幸運で、ここでしか言えない、電波に乗せられない話もする予定です。お楽しみに!」と挨拶し、ゲストの芳賀優里亜を呼び込みました。
半田は「芳賀さんは血が繋がっているんじゃないかっていう感じでそういう感覚の人っていないので、第1話から一緒に共演しているパートナーは芳賀さんしかいないので今回ゲストにお呼びました。これは「555」の公式イベントです(笑)。ロゴは非公式だと使えないけど、公にしているのはそこを売りにしたいわけではなくできるだけ素材を使いたいと思って、こそこそしたくないから公式にしました。村上幸平さん(草加雅人/仮面ライダーカイザ役)さんの「913祭り」も彼は彼なりに許可をとっていますよ」と言い会場からも笑いがこぼれました。

さらに半田は「20周年を迎えて新作もあって素敵な周年なので、この機会を逃すと一生やらないのではと思ってやりました。僕も成長したでしょう?」というと会場からも温かい拍手が起こりました。

「普段オーディオコメンタリーをやると、しゃべってる間にシーンが流れてしまって。今日は止められるから!この間「パラダイス・リゲインド」でもオーディオコメンタリーしましたが、みんな言いたいことが多くてよくしゃべる連中で、藤田玲(北崎役)が大人になってまとめていたり…」と半田が続けました。

今回の生コメンタリーに対して、「僕たちは「555」に興味がないというか詳しくないので、みなさんのほうが詳しいと思います。質問とかも答えていきます」と前置きをして第1話の上映が開始しました。

第1話が始まり開口1番「高岩さん、若いね」と手術のシーンの振り返りオルフェノクが出てくると半田が芳賀に「最初のオルフェノクが羊であること、いつ知りましたか?」と質問すると今回のイベントのために「1、2話をおさらいしようと思って気づきました」と芳賀が答え笑いが起こりました。

場面がかわり木場勇治(泉政行)の初登場シーンに「木場が出ると、誰もが今年の主役は彼だって思ったよね。(最初のころの家族のシーンは)「555」離れてしていたよね」と半田が言い、トラックのドライバー役も役者ではなくスタッフが演じ、「555」はスタッフが出演しているシーンもあることが明かされました。
その後、木場がB型であることがわかる病院のシーンの後、設定もその場で決めていることを明かし、芳賀は「真理の誕生日が(カイザの変身認証コード)9月13日なのも偶然でびっくりしました。田﨑監督と白倉プロデューサーになんで9月13日なんですか?って聞いたら「えーそうなの?」って言われて偶然です」と話した。
半田も「物事には必然のような偶然があるんですよね~」としみじみ。

真理がヘルメットをかぶるシーンになると、丸顔の話で盛り上がり、さらに真理、啓太郎(溝呂木賢)、木場の初登場シーンの衣装は自分たちで原宿に買いに行ったということが芳賀から明かされ「(3人と)監督、プロデューサーで原宿の竹下通りに行って上着を買いました。バイクにも乗るし真理っぽいかなって監督に選んでもらった」と話し、さらに温かさ重視の裏地があるものを選んだのに「(バイクに乗る)吹替の方が男性なので、裏地があると切れなくて全部剝がされ毎日薄いペラペラでした!それを根に持っています‼!」と言い会場から笑い声が溢れました。
半田は、その頃関西にいたこともあって「巧は3着くらいあって、その中から1番あったかそうなものを選んびました」と衣装についても秘話がありました。

続く、巧の初登場シーンで半田はすかさず「男前!かっこいい!」と画面に向かっていい会場からも拍手が。「(巧は)ヒール的な役柄に見えるから、木場が主役で敵役に見えるよね」と半田は続け、このシーンで半田も芳賀も九州の名物である冷や汁を初めて撮影で食べたことも明かされた。
半田は「第1話は未来に向かっていく巧と真理、絶望に向かっていく木場、対比になっている」と告げ、半田は放送が始まって少し経った頃に、(放送する系列の違う)関西テレビでハイヒールモモコさんに「イケメン」とバイクのシーンとともに紹介された裏話を明かした。

ここで第1話の上映も終わり、休憩をはさみ第2話になるとコーヒーを持って登場し、実際は猫舌ではないことも明かし猫舌の演技指導は猫舌の宮崎剛アクション監督に「甘い。あんなもんじゃない」と指導されたことを話した。熱さに続けて半田は熱い温泉は苦手と話し泉と水落ちしたシーンで銭湯に行き、関西より東京の銭湯は熱かったことを話しました。
第1話ではなかったOPのシーンで芳賀は箱馬に乗り高いところを怖がっていたら、今回の新作でもスタッフの方に配慮してもらったことを明かしました。

第2話の巧と真理が海で真理が美容師になりたいと夢を語るシーンが二人のファーストカットであったことが明かされフェリーで九州入りした話や、啓太郎役の溝呂木が監督と役について話そうと飛行機でも行けるのに19時間かかるフェリーで行くことを志願したのに「好きにやって」と一瞬で終わった秘話で笑わせました。

巧が初めてライダーキックをするシーンでは「仮面ライダージオウ」第6話「555・913・2003」につながる場面
という事で、「ジオウ」での撮影の際は、半田も高岩も自身のシーンの再現を演じ半田は茶髪のかつらをかぶったエピソードを明かし「コスプレです」と笑わせました。

本編再生中も観客からの質問を受け付け、小道具の話や食事のシーンの話で盛り上がりました。

ここで半田から2月24日(土)に第2回の本イベントが決定したことが明かされ、引き続きゲストは今回に続き芳賀優里亜であることも発表いたしました。
第2回目に関して半田は「全話を話するわけにはいかないので、ポイントポイントで生コメンタリーできればいいなと思っています。各キャラクターの初登場回はその人をゲストに呼びたいと思っています。唐橋さんの場合には唐橋さんのスケジュールに合わせないとな…」と今後の展開についても説明しました。

最後に、半田より「新作は2月2日に公開するのでみなさん見ておいてください。評判を風の噂で聞いていますが上々ときいているので、一安心です。いろいろ意見はあると思いますが、これだって信念を持って作りました。手抜きは一切していません。見に来てください」と語りイベントは終了となりました。

00 (1)

00 (2)


©2024 石森プロ・バンダイ・東映ビデオ・東映 ©石森プロ・東映
公式X
公式サイト

まさかの展開でした(^^)/(^^)/