00 (1)


まとめると!
●『鬼人幻燈抄』2024年夏TVアニメ化決定!
●ティザービジュアル&PV解禁!
●メインキャストは、八代 拓、上田麗奈、早見沙織!

ティザービジュアル公開!
00 (1)
ティザービジュアルは、優しい光で照らす夕日と吹雪のコントラストが印象的な背景に、前を見据える甚太と彼より少し幼い鈴音と白雪がかけっこする姿が描かれたデザイン。彼らが過ごした“幸せ”を背にするように、前を向く甚太に何が起きるのか。想像が膨らむビジュアルとなっております。

ティザーPV公開!
約50秒のティザーPVは疾走感溢れるドラムの音に合わせ、森の中を素早い速度で動く“何者か”を追うシーンから始まる。障子に血しぶきが飛び散り、戦いを繰り広げる甚太と鬼。隠していたであろう赤い片目が強いインパクトを残す鈴音と、激しい鬼との攻防から一転、一滴の雫で切り替わっていく美しい自然の景色。優しい笑みと両目から溢れる涙が目を引く巫女姿の白雪。江戸、明治、大正、昭和、平成と、百七十年と続く鬼と人の物語を短い映像の中で紡いでいる。



00 (1)

キャラクター&キャスト情報!
甚太役を八代 拓、鈴音役を上田麗奈、白雪役を早見沙織が務めます。

甚太 cv八代 拓
00 (3)
葛野の巫女「いつきひめ」を守る巫女守であり、集落に仇なす怪異を払いのける鬼切役。幼少期に白雪の父に妹と共に拾われ、葛野にきた。白雪に想いを寄せているものの、その想いは胸にしまっている。

八代 拓コメント
Q1. 本作の魅力をお聞かせいただけますでしょうか。

たくさんの魅力が詰まっていますが、まずはたくさんの歴史が積み上げられているという部分です。僕が声優になる前からずっと紡がれ続けている物語であり、物語の中でも移り変わっていく人や時代の変化、読んだ物語がしっかりと自分の中にも歴史になっていく感覚がとても魅力的です。また異族同士の関わりや争い、気持ちの揺らぎが根幹にあるからこそ、同族との関係性も考えされるドラマが時に印象的に、時に儚く描かれている点も、個人的に大好きな魅力です。

Q2. 演じるにあたり、意気込みを教えていただけますでしょうか。
まずはこの役を演じられることを心から嬉しく思っています。たくさんの出会いと別れがきっかけとなり、変化していく人物だと捉えています。彼の生はある意味神秘的で、ある意味で残酷。彼が目で見て感じたことをできるだけ一緒に感じたいと思っています。また彼が求めているものや探しているもの、それによって湧き出てくる感情が表現できるよう、精一杯演じたいと思っています。


鈴音 cv上田麗奈
00 (5)
甚太の妹。葛野に来て十年ほど経つが、見た目がその当時とほとんど変わらない。右目を包帯で隠しており、その理由は瞳が赤いから。あまり家から出ず、兄以外の村人とはなるべくかかわりを避けている。

上田麗奈コメント
Q1. 本作の魅力をお聞かせいただけますでしょうか。

いろんな形の愛や憎しみが入り混じり、なんとも言い難いどうしようもなさがある所に魅力を感じました。人と鬼の間で揺れ動き続ける甚太から目が離せなくなる作品です。

Q2. 演じるにあたり、意気込みを教えていただけますでしょうか。
鈴音にとっての甚太って何なんだろう、と考え続けた第一話の収録でした。彼女が持つ愛と憎しみは一体どんな形なのか、これからも少しずつ知っていけるよう頑張ります…!


白雪 cv早見沙織
00 (4)
葛野の繁栄のため祈りをささげる巫女こと「いつきひめ」。現在は白夜と名乗り、社に暮らし、神聖なるものとして集落の中心に存在している。甚太に想いを寄せているが、「いつきひめ」としての“生き方”を選び、その想いは胸にしまっている。

早見沙織コメント
Q1. 本作の魅力をお聞かせいただけますでしょうか。

そこに生きる人々の、愛と憎しみが交錯しながら繰り広げられる展開に、心が揺さぶられました。また、物語の序盤から訪れる衝撃の展開にも引き込まれました。
そして、江戸から平成まで、時間をかけて物語が紡がれるのも魅力的だと思います。長い時の中に心の移ろいがあり、どの時にもそこに生きる人の想いがあるのだと感じさせてくれる、美しい出会いと別れが詰まっていました。

Q2. 演じるにあたり、意気込みを教えていただけますでしょうか。
白雪は、特に序盤において、甚太と鈴音の二人と深く関わり合うことになる存在です。いつきひめとしての務めを果たしている時の凛々しさと、甚太たちの前で見せるくだけた表情のギャップが印象的で、心の奥にしっかりと芯を持つ人です。
アフレコでは、それぞれのキャラクターの想いを強く交わしあう瞬間が沢山ありました。ここから長きにわたるお話が始まっていくので、未来に思い馳せながらアフレコに臨みました。ぜひ、1話から最後まで、物語を見届けて頂きたいです。


Introduction
時は天保十一年(1840年)。大飢饉により人心が乱れた世において、鬼が人の姿に化け、戯れに人をたぶらかすようになっていた。

江戸の街から遠く離れた山間の集落・葛野(かどの)。この集落に、甚太と鈴音という兄妹が暮らしていた。幼い頃に、ある理由から葛野に来たよそ者の二人だったが、皆に受け入れられ仲睦まじく日々を過ごしていた。

集落には、「いつきひめ」と呼ばれる巫女がおり、成長した甚太は巫女の護衛役を務めるように。そしてある日、甚太は鬼の討伐に赴いた森で、遥か未来を語る不思議な鬼に出会う――

巫女の護衛役として死と隣り合わせの甚太、その身を心配しつつも健気に明るく兄を送り出す鈴音、巫女「いつきひめ」として責務を果たす中、鬼に命を狙われる白夜。三人の運命の歯車が重なり、そして狂う時。人と鬼、長きに渡り時代をも巻き込む大きな災いが降り注ぐ。

江戸から平成へ。刀を振るう意味を問い続けながら百七十年という途方もない時間を旅する鬼人の物語を描く、和風大河ファンタジー。

ON AIR
2024年夏TVアニメ放送

STAFF
原作:中西モトオ(双葉文庫)
監督:相浦和也
シリーズ構成:赤尾でこ
キャラクターデザイン:池上たろう
音楽:髙田龍一(MONACA)、広川恵一(MONACA)、高橋邦幸(MONACA)
アニメーション制作:横浜アニメーションラボ

CAST
甚太:八代 拓
鈴音:上田麗奈
白雪:早見沙織

公式HP
公式X
©中西モトオ/双葉社・「鬼人幻燈抄」製作委員会

原作情報
「鬼人幻燈抄」
原作:中西モトオ(双葉文庫)
00 (2)
単行本:全14巻発売中
文庫本:6巻まで発売中、最新7巻は3月13日発売
コミックス:5巻まで発売中、最新6巻は2月29日発売

めちゃくちゃ楽しみです!!!!!!