Übel Blatt


この記事の内容は?
●『Übel Blatt』がTVアニメ化
●日本だけでなく北米欧州を中心とし海外からの支持も非常に高い作品
●原作者からのコメントも掲載

スクウェア・エニックスにて2004年から2019年にかけて連載され、全24巻が電子版にて発売中の『Übel Blatt』のTVアニメ化が発表された。この情報は2月24日発売の月刊「ビッグガンガン」2024 Vol.03にて解禁となった。

併せてTVアニメのロゴ、公式サイト、原作情報も発信される作品の公式Xも開設され、今回のアニメ化決定に伴い、原作者・塩野干支郎次氏からのコメントも届いている。

『Übel Blatt』は、武勲を奪われ“裏切りの槍”の汚名を着せられた一人の青年剣士・アシェリートが、妖精の血肉を食らい容姿と名を変え生き延びた末に“辺境の英雄”ケインツェルとして、栄誉を我が物にしようとした7人の仲間“七英雄”への復讐の旅を描いたダークファンタジー。

北米欧州を中心とし海外からの支持も非常に高く、累計発行部数300万部(電子版含む)を誇る人気作品。2月24日発売の月刊「ビッグガンガン」2024 Vol.03より第2幕「Übel BlattⅡ 死せる王の騎士団」の連載がスタートした。

続編の連載も開始した『Übel Blatt』。現時点では放送時期やキャスト情報などは未発表となるので、続報も楽しみにお待ちいただきたい。


■■原作者・塩野干支郎次氏 コメント■■
ユーベルブラットをアニメ化するというお話を頂いたのは、連載完結のすこし後だったので、『今から?』という驚きが率直な感想でした。

ケインツェルたちが動いて声がつくというのが想像がつかなくて、楽しみでありつつ、まだ現実感がない不思議な感覚です。ぜひ楽しみにしてください。


■■作品情報■■
【タイトル】
TVアニメ『Übel Blatt』

【イントロダクション】
最凶のダークファンタジー、ついにアニメ化!

神託歴3968年、闇の異邦(ヴィシュテヒ)の侵略を封じるため、皇帝は14人の若者たちに使命と聖なる槍を与えて送り出した。3人は旅の途中で命を失い、4人は敵に寝返り皇帝を裏切ったとされ討たれた。だが、それは栄誉を我が物にしようとした7人の仲間の裏切り行為であった。

帝都に凱旋した彼らは“七英雄”と称され、帝国の民の尊敬を集め栄華の座に上りつめたが、一方で、武勲を奪われ“裏切りの槍”の汚名を着せられた一人の剣士・アシェリートが、妖精の血肉を食らい生き延びていた。

容姿を少年に、名をケインツェルに変え、20年の時を経て、七英雄への復讐の旅が今はじまる――!

【スタッフ】
原作:塩野干支郎次(掲載 月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)

【原作情報】
スクウェア・エニックスにて、刊行。コミックスは0巻~23巻が電子版にて発売中。
月刊「ビッグガンガン」2024 Vol.03より「Übel BlattⅡ 死せる王の騎士団」連載中。

●「Übel BlattⅡ 死せる王の騎士団」作品紹介
グレンとの戦いから1年後、皇帝となったエルサリア率いる帝国軍でアシェリート副王殿下として、未だ絶えぬ反乱の鎮圧に赴いていたケインツェル。帝国軍の将軍となったゲランペン、副王の主席執務官・アト、刀匠(ブラットマイスター)・イクフェス、皆が力を合わせ、帝国とエルサリアを支えていた。

そんな中、帝国領南方にある辺境の地・ヘレニルドにて、グレンの復活を信じる「死せる王の騎士団」と名乗る抵抗勢力が暗躍し始めていた……。

ケインツェルと七英雄の因縁が、再び絡まってゆく……。復讐のダークファンタジー、第2幕が今始まる――!!!


【インフォメーション】
TVアニメ公式サイト
原作サイト
公式X @ubelblatt_info
 
【コピーライト】
(C)Etorouji Shiono/SQUARE ENIX・「ユーベルブラット」製作委員会
(C)Etorouji Shiono/SQUARE ENIX

アニメの放映時期やキャストの発表も楽しみ! 期待して待っています。